スポンサーリンク

 

「そうなのですか!」と「そうなのですね!」は似ている。

 

でも、私は使い方を変え、意味を変えている。

 

「そうなのですか!」は、限りなく100%アグリイ、感嘆、話しを続けたい願望を表す言葉。

 

「そうなの!」もその仲間。

 

一方、「そうなのですね!」は、相手へのリスペクトを表して反応するための言葉。そして、心の中で、ディスアグリイ。時に、エスオービーまたはビーアイティシーエイチのアルファベットを思い浮かべる。

 

相手を否定はしないのです。

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。