スポンサーリンク

 

間もなく人に譲ってしまうだろう、リーチャード・ホール著『マーケティングビギナーズ―何を知り、実行し、伝えるべきか?』を初読以来約10ヶ月ぶりに読みました。

 

 

色々なことを始める夏前に、もう一度目を通すべきだったとハッとすることも多く、若干自己嫌悪にも陥ってしまいました。でも落ち込んでいる場合ではない。反省と教訓は次に活かさなければなりません。

 

 

著者は随分親切な人で「クリエイティブになる方法」10項目をあげ、そのうちの一つに「ゆっくりと風呂に入る」ということに触れています。

 

 

確かに生活している中でお風呂は大切ですね。私は元気がある時は半身浴をしながら読書をします。汗をたっぷりかけますし一石二鳥。

 

 

また、入浴する時は以下のどれかしらをお風呂に入れます。各家庭に常備してあるだろう食品です。

 

 

1. 日本酒

以前、占術家の細木数子氏がTVで日本酒をお風呂の中に入れると肌がスベスベになるのよと言っていて、それ以来使っています。私には、湯船に何も入れないより良い感じというくらいなのですが、日本酒は清酒と言われるくらいなので、ちょと気分が下がっている時に、邪気払い、景気付けのために入れます。量はだいたいコップ半分くらい。肌からもアルコールを吸いますので、お酒が弱い方には向いていないかもしれません。

秋鹿 純米酒 バンビ カップ 180ml

細木数子六星占術開運暦カレンダー 2014 ([カレンダー])

2. 海塩

お塩はとにかくさっぱりします。頭から足の先までスクラブしてから入ると、体もポカポカして効果を実感できます。個人差があると思いますがしっとりした肌になります。同時に、海に入った後のような感覚になります(サーフィンを辞めてしまったので海が恋しくなる時はこの入浴法です)。量は大さじ2杯くらい。

伯方の塩 粗塩 1kg

3. 重曹

豆を煮込んだりする時に使うあの重曹です。こちらも人によると思いますが、肌が柔らかくなり、5-6分の入浴でも体が暖まります。量は大さじ2杯くらい。

お料理用重曹

全て半身浴に対しの量です。

気分によってはエッセンシャルオイルを数滴足すこともあります。お好みでどうぞ。

生活の木 C レアバリュー ダマスク ローズ オットー エッセンシャルオイル 1ml【HTRC3】

生活の木 ラベンダーフランス産 3ml【HTRC3】

 

マーケティングビギナーズ―何を知り、実行し、伝えるべきか?』の著者リーチャード・ホールとしては、お風呂の中では忙殺された日常を忘れてくつろぎ、次の日も(イギリスの人なので朝風呂かもしれない)、精一杯おやりなさいということなのですね。優しいですね。

マーケティングビギナーズ―何を知り、実行し、伝えるべきか?

 

 

台所にある物で入浴に良いというものがありましたら教えてください。

 

 

それではまた。ごきげんよう。

 

この記事もいかがでしょうか?
ボディ・ブラッシングのすすめ
何十年かぶりにニベアクリームを使ってみての感想

 

 

〈Bloggerを利用していた頃の記事です〉

 

RealKei JP】09/30/2014 15:03

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com