スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

商品や作品の情報、Googleアドセンスや販売サイトのリンク、これら以外が掲載されない、淡々とした、本や音楽を紹介するブログ形式のサイトを、10月から始めました。

 

アマゾンで買い物をすれば、その人に合った、この本はいかがですか的な紹介もありますし、音楽に関して言えばストリーミングサーヴィスが世界中で増えていて、日本でもSpotifyが始まることによって躍進することでしょう。

 

でも、良くも悪くも怠惰なチョイスって、ただ合理的であって、豊かな想像力は培われていかないというのが私の持論です。

 

かと言って、私がデジタルに批判的かと言ったら全くそうではなく、グローバル企業のサーヴィスは、かなり積極的に利用していて、むしろ大変気に入っています。

 

気に入る理由は、先に知っていている情報があるということが大きいと思います。

 

例えば、本なら、著者名はわからなくても、紙の本出身の出版社は3000社近くあると言われていますが、売上上位500社くらいなら、その出版社の柱のジャンルや思想が頭に入っているので、デジタルで出合った時も、今読むべきかそうでないかを導いてくれやすい。

 

ストリーミングサーヴィスでは、気に入ったものがあれば、アーティストページを検索してチェックします。プロファイルを見ればその人の傾向がわかるのも、情報が備わっているからです。

 

インターネット上の情報は、合理的であり、合理的なキーワードを使用することが、尊ばれることであり、広告がそれを支えています。

 

事前情報がなければ、企業広告と、合理的こそがこの世の正義と考えている人々の思想に影響を受けていくだけです。

 

これは、私が長いことCDバブル時代の音楽業界に携わり、同時に広告よりも実売に頼らざるを得ない専門誌と、多くの場合、実売だけで成り立つ書籍に関わった後、ウェブスキルの基礎の基礎を学び、通算での数年間ではありますが、IT業界における情報通信メディアに従事し、比較ができるこそのインプレッションであります。

 

規模は小さくても、Googleアドセンスや販売サイトのリンクが貼られている程度の、広告主に左右されない、セレクト書籍と良質な音楽が出合えるサイトがあっても良いのではないかと考えました。

 

それが、「ゾラ・ディフェンダー」です。

 

ブログ形式です。

 

月曜日から金曜日の18時頃更新しています。

 

更新日直近の新刊から私RealKei JPが「ゾラ・ディフェンダー」的な本をセレクトし、音楽も、極力「合理的文化」が「ニッチ」と片付け、見向きもしない良質音楽のタイトルと音源を掲載します。

 

スタートからしばらくを第一期とし、書誌情報と音楽作品のタイトルを無機質に掲載していきます。

 

第二期、おそらく年明けしてスグのことになる予定ですが、人を巻き込んでちょっとおもしろいことを始める予定です。

 

第三期、これは来春の桜の季節前くらいになりますでしょうか、自社製品を発売予定です。詳細は内緒です。

 

沢山の本を紹介していきたいので、只今、出版情報登録センターにも利用許諾を申請中。現在は、版元ドットコムさんの情報を活用しています。

 

また、アマゾンリンクは現状アソシエイトに繋がっていません。

 

書店や、CD・レコードショップで言ったらPOPにあたる、本や音楽を選んでいる人間の感想やコメントは、ここでは不要と考えました。

 

なぜなら、本のタイトルとサウンドに力があるからです。

 

応援をお願いいたします。

 

そんなこんなで、私の会社も三期目に入りました。

 

 

ゾラ・ディフェンダー

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com