スポンサーリンク

 

発売を楽しみにしていた、『ブルースと話し込む(Conversation with the Blues)』がアマゾンから届きました。

 

ブルースと話し込む(Conversation with the Blues)

 

表紙デザインも、カヴァーなしの仕様のところも、乙です。クール。読み易いと思われる本文のフォントもいい感じ。

 

読む前から興奮します。

 

本の訳者の日暮泰文さんは、私のかつての雇用主であり上司だった方なんですよ。

 

==========

『ブルースと話し込む(Conversation with the Blues)』

ポール・オリヴァー 著 日暮泰文 訳

土曜社 発行 978-4907511258

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。