スポンサーリンク

 

ミシェル・フィリポフ 著『脂肪の歴史』(原書房 刊)を読んだ。翻訳は服部千佳子さん。

 

 

ミシェル・フィリポフ博士は、食と健康と音楽とメディアの関係の研究を行っている方で、インターネットで調べる限り、2018年現在はオーストラリアのアデレード大学で教鞭を取られているよう。

 

この本での脂肪とは食用油のことをいう。

 

生き抜くために必要な脂肪、だからこそ権力と豊かさの象徴になり得た。

 

脂肪は防腐剤にもなりおいしいから各地域で様々な調理法が生まれた。

 

時代の移り変わり、メディアの影響で、脂肪は悪者になったり良いものになったり、変化している。

 

脂肪に対する健康への懸念から代替品が生まれた。

 

文学、TV、映画、アニメ、大衆文化でも、脂肪の存在は欠かせない材料となっている。

 

簡単なサマリーはこんなところ。

 

植物性でも動物性でも、大抵の人が油は好きだと思うので、読み始めたら一気に読めてしまうはず。

 

ちなみに私は体のために毎日100gくらいのバターを摂取して生きている。そんなこともあって本書を手にしてみた。

 


私の定番の食用油

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職・時々外出(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / バターの1日の消費量は100g / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (05/27/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。