スポンサーリンク

 

アメリカの食改革のリーダー的存在のジャーナリスト、マイケル・ポーランの、『雑食動物のジレンマ 上──ある4つの食事の自然史』『雑食動物のジレンマ 下──ある4つの食事の自然史』を読了した。

 

『原題は、The Omnivore’s DilemmaOmnivoreとは「1. 植物と動物の両方を含む、あらゆる種類、あるいは多岐にわたる種類の食べ物を食べる動物。雑食動物。2. 幅広い分野に好奇心を持ち、あるものは何でも読み、勉強し、概して吸収する者。」(本書カヴァそでより)。本物の食材を手に入れることは至難の業だからこそ、自然への恵みを感じ食することが大切だということを説いた一作。

 

第一部、第二部では、現在のアメリカの対照的とも言える農業の状況を伝えている。一つは、工業の連鎖としてトウモロコシを、田園の食物連鎖として牧草を取り上げる。トウモロコシは、繁殖も用意、その上、ニクソン政権時代、生産量をあげて価格を下げる方法をとったゆえに、大量に生産される。安価なトウモロコシは、甘味料、油、炭水化物食材に変わり、家畜のえさもこれでまかなう。人間は、トウモロコシでできた餌を食べた家畜を食べ、加工品を食す。一方、本来、オーガニックとは、生態系に倣った食体系を得るはずだったが、成長したオーガニック産業は、既に大量生産過程に組み込まれているという。また、著者は有機農業を体験する。鶏をしめ、調理し、食す。第三部では、自らが狩猟、採集、栽培したもので作った「完璧な食事」をお世話になった人々に食べてもらう記録が描かれる。著者は毎日こうした食事をしたいと思わないそうだが。ただ我々が食べているものが、どんな物か、どこから、どうやって、食卓に運ばれたことを考えながら、自然界そのものという感謝の意を表する。

 

押し付けがましくもなく、すんなりと読めた。

 

また、衝撃的な事実を、ここで知ったのもよかった。例えば、子どもの頃、少なくとも中学生くらいまでは、牛は牧草を食べる動物として頭に入っていたが、いつの間にか、人間が穀類のようなえさを食べる動物に変化していた。日本でもその穀類のようなものは、トウモロコシなのだろうけど、牛本来の体には合わないものである。そして、本書によると、何から何までトウモロコシが関わるものを食べているアメリカ人の体はトウモロコシということは、日本でも同じだろう。我々の健康が蝕まれても当然だ。また、動物の肉に旬があるなんて知らなかった。鴨が冬ということは「何となく」感じていたが、獣も鳥類も美味しい時期があるのだそう。

 

本の最後のほうは、食への感覚が仏教的に感じ、アメリカがアジアに歩み寄った気がした。日本人が食前、食後に手を合わせることはこういうことなのだ。

 

普段、人文社会のジャンルを読まなくて、でも料理はしますという人も、この本は楽しめると思う。

 

備忘録として、巻末に掲載の参考文献で日本で刊行されている書籍をこちらに載せることにする。
飢えたる魂―食の哲学 (りぶらりあ選書)
フード・ポリティクス―肥満社会と食品産業
1491―先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見
脱牛肉文明への挑戦―繁栄と健康の神話を撃つ
アメリカ先住民の貢献
世界を養う―環境と両立した農業と健康な食事を求めて (農政研究センター国際部会リポート)
デブの帝国―いかにしてアメリカは肥満大国となったのか
動物たちの自然健康法―野生の知恵に学ぶ
小さな惑星の緑の食卓―現代人のライフ・スタイルをかえる新食物読本
イヤー・オブ・ミート
隠されている狂牛病
脱牛肉文明への挑戦―繁栄と健康の神話を撃つ
ファストフードが世界を食いつくす
ジャングル (アメリカ古典大衆小説コレクション)
世界を養う―環境と両立した農業と健康な食事を求めて (農政研究センター国際部会リポート)
フード・ポリティクス―肥満社会と食品産業
成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)
マクドナルド―わが豊饒の人材
欲望の植物誌―人をあやつる4つの植物
楽園と機械文明―テクノロジーと田園の理想 (1972年) (研究社叢書)
牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)
アエネーイス
田舎と都会
ナチュラルとヘルシー―アメリカ食品産業の変革
文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)
文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)
文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)
ハワードの有機農業 上 人間選書 244
ハワードの有機農業 下 人間選書 245
土は生きている
自然資本の経済―「成長の限界」を突破する新産業革命
国の競争優位〈上〉
国の競争優位〈下〉
マギー キッチンサイエンス -食材から食卓まで-
野生のうたが聞こえる (講談社学術文庫)
食と文化の謎 (岩波現代文庫)
飢えたる魂―食の哲学 (りぶらりあ選書)
食卓作法の起源 (神話論理 3)
生のものと火を通したもの (神話論理 1)
心の仕組み~人間関係にどう関わるか〈上〉 (NHKブックス)
心の仕組み~人間関係にどう関わるか〈中〉 (NHKブックス)
心の仕組み~人間関係にどう関わるか〈下〉 (NHKブックス)
見るということ (ちくま学芸文庫)
動物のいのち
心はどこにあるのか (サイエンス・マスターズ)
オウィディウス 変身物語〈上〉 (岩波文庫)
変身物語〈下〉 (1984年) (岩波文庫)
動物の解放 改訂版
実践の倫理
動物の権利
人間と自然界―近代イギリスにおける自然観の変遷 (叢書・ウニベルシタス)
内なる島―ワタリガラスの贈りもの
狩猟の哲学
神々の糧(ドラッグ)―太古の知恵の木を求めて
美味礼賛

雑食動物のジレンマ

 

 

最終更新 06/21/2015 07:38

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。