スポンサーリンク

 

Flcikr : lucyd* : Pillar of style

Flcikr :lucyd* : Pillar of style

 

 

私の靴の数。

 

2011年3月11日の東日本大震災までは、靴=ヒールだったけど、あの日を境に意識が変わった。

 

それまでは、仕事(出版社の外回り営業)の時は3cmから5cm、プライヴェートの時は7cmから11cmだったのだから。ヒールの高さは防災意識がないことの表れだった。

 

3月11日以降は、少し時間をかけて検証した10km以上確実に歩けると判断できたヒールの時以外は、替えの靴を持ち歩いていた。でも荷物になるので、ここ一年くらいで購入した靴は、全てバレエシューズやオペラシューズだ。

 

旅行の時も荷物がかさばらなくてよい。

 

ヒールを履いていた頃は、メンテナンスをしながら履いていたけど、ぺたんこ靴は、かかとが減ったら寿命ということにして、新しいものに買い替えている。

 

今は、会社員時代のように外回りで一日3万歩を歩くということがないから、お財布にとてもやさしい。外回りの営業は、靴代とメンテナンス代がかかりますので…。

 

さて、私の秋の靴のリストである。

 

  • バレエシューズやオペラシューズ  3足
  • 雨の日用のごつめのショートブーツ 1足
  • ヒール11cmのブーティ(歩きやすい)1足
  • セレモニー用の黒の7cmヒール 1足
  • 街用スニーカー 1足
  • ジョギング用スニーカー 1足

 

私には充分な数である。

 

 

 

下記は私が理想とする、普通のフラットシューズ。

26-7年前の高校時代に使用していたバインダーの仕切りに貼られた雑誌の切り抜きに、その靴が載っていた(自他ともに認めるおしゃれ高校生だったので凝ったことをやっていた)。「オリーブ」かマガジンハウス時代の「エル・ジャポン」より。

メーカーは、1986年〜1987年あたりのアニエスb.。当時、アニエスの靴といったらこのフラットシューズだった。

このタイプの靴をずっと探しているのだが、ありそうでなかなか見つからない。

アニエスb. フラットシューズ

アニエスb. フラットシューズ

1986年か1987年アニエスb.

1986年or1987年のアニエスb.

 

 

 

2015年9月26日から10月2日までの人気記事トップ10

01. 手荷物一つで海外を旅するための必需品

02. 手荷物一つで旅するための衣類とバッグ

03. ミニマリストが普段持つバッグについて

04. あるミニマリストのバッグのリスト

05. 女性の旅の荷物をコンパクトに変える3つの方法

06. ミニマリストになるための、15のレッスン

07. ドミニック・ローホーさんに見習い、物のない部屋にする

08.50巻は発売間近? 美内すずえ氏が津田大介氏との対談番組に出演【追記あり】【※2014年の投稿です】

09. 彼女は元気で暮らしている

10. リュックサック一つで国内一泊の旅【追記あり】

 

 

 

RealKei JP

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。