スポンサーリンク

昨日、寝落ちしそうな中でアップした、たった二文の投稿「デジタルスキルを身につけなければこの世を生き抜くのはキビシイ」の続きです。

 

デジタルスキルを身につける以前にやることがありました。

 

中年の皆さん、スマフォやタブレットの時代になりましたが、コンピュータのキーボードでブラインドタッチができるようになっておきませんか?

 

デスクワークを伴う労働や仕事をしている方やお若い方は、はて?何を言っているのだろうと思う方もかもしれません。

 

ところが、Windows 95が家庭に普及する以前に、デスクワークのない職に就いた人や、経済活動をやめてしまった人は(例えば結婚退職。この頃はまだまだ女性は腰掛で働く時代であった)、私と同世代の団塊ジュニア世代でも、パソコンが全く使えない、つまりMicrosoftのWordやExcelを使ったことがない、使えないどころか、パソコンが不必要だから家パソコンもなくキーボードが打てない(ワープロも使ったことがないという意味でもある)という人は結構いるものなのです。

 

スマフォやタブレットに時代になり、「パソコンも使えるようになりたいがどうすればよいか?」と方々で訊かれるので、まずパソコンを購入する—>文字が打てるソフトを利用してブラインドタッチの練習をする—>無理やりWordやExcelでの用事や目的を作って練習する(or 手っ取り早くMOSの教室に通ってしまう https://mos.odyssey-com.co.jp/index.html)—> 同時にGoogle検索を勉強する 、ということを、質問されるから答えるのだけど(訊かれなければ私も答えないですよ)、みんな生活はできているから、切羽詰まっていなくて、どのコミュニティの誰もがやらない。

 

友達であっても私の人生ではないから構わないのですが、今現在はもうよいとはいえなくて、説教臭く「できること使えることはマストだ」と言うようにしています(前にも書いたかも)。

 

若い世代はパソコン使用は普通、教育機関でコンピュータ自体の勉強と学習をすることがあたりまえ、「人生80年」が普通の時代の頃の話しであれば、パソコンは使えなくてもよいのだけど、お迎えを望んでもそうはいかずに長生きする時代になってしまったからこそ、500年くらい前に活版印刷が普及して識字が必要になった時のように、パソコン使用とデジタルの学びは必須なのです(前にも書いたかも)。

 

そして、パソコン使用の最初の一歩であるブラインドタッチも大切(前にも書いたかも)。

 

今日も頭と肉体の疲労がひどい。

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。