スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

私の髪の毛は太く量が多いです。おまけに強いくせがあります。

 

ショートカットにする場合でも、下ろすのであっても、アイロンとカーラーとコテを駆使することになります。大変です。

 

美容院に行けば、コテではなく、根元から大きなブラシでくせを伸ばしてくれるので、良いですが、素人の私にはそれができないのです。

 

というわけで、自分でセットする場合、シニヨン、または、お団子にまとめるのが良い。

 

まとめる前に、一回髪を巻いておくとセットしやすいことは加えておきます。

 

整髪料はありとあらゆるものを使ってきました。おまけにオーガニックや無添加製品が全く主流でなく高価だった時代から、整髪料もその手のものを使用したので莫大な消費をしました。

 

しかし、消耗品はキリがない…。

 

そこで、一時期は日本薬局方の「オリブ油」を使っていました。

 

これは安くてかなりよかったのですが、持病の治療をした後、薬の副作用で髪がだいぶ抜け落ち、それから生えてきた髪の毛が、元から扱いにくい髪質なのにさらに言うことがきかない剛毛になってしまい「オリブ油」では対応できなくなりました。

 

過去に使っていた、日本のオーガニックプロダクトで、香りもよく、まあまあ良い物があったのですが、それもダメです。

 

どうしたものかと思って、ワセリンを使ってみましたら、思いのほかまとまるので、この2ヶ月?くらいはそれを使用しています。

 

ワセリンは鉱物油ということで、毛嫌いする人がいることも知っています。かつての私もそうでしたが、「地球から湧き出たナチュラル油だ」と誰かが言っているのを聞いてからは、妙に納得してかかとや唇に使用しています。

 

保湿はどう考えても、ワセリンにかなうものなしとも思います。

 

そのワセリンを頭に使用するのです。

 

私はセミロングの長さで、指先にグリーンピースくらいの大きさがつくくらいの少量使います。

 

そのくらいの量ならば、思いのほかベタベタテカテカしませんし、人に触られても相手も全然わからないようです。

 

現状、雨の日でも大丈夫なことがわかっているので(気持ち多めに使用します)、梅雨シーズン前に、この方法が見つかってよかった。

 

ワセリンは、「オリブ油」と同様、日本薬局方のものです。たいていのドラッグストアで扱いがあるはずです。

 

この投稿を読んでくださっている人で、やっぱりワセリンには抵抗があり、普通の髪専用の製品を使ってくせ毛をまとめたい場合、東アジア以外の、外国のくせ毛の人たちが使っているプロダクトを使ってみるのはいかがでしょうか。

 

外国のショッピングサイトのコメント欄を見ると、人種や髪のカールの状態を説明しているケースがあるので、そういう人たちの評価を基準にして買い物するのも手です。

 

関連投稿

くせ毛の私が気に入りました、日本薬局方の「オリブ油」

やっかいなくせ毛に良いドイツの整髪料(BIO製品)

くせ毛のロングヘアを美しいシニヨンに結い上げる方法

太くてくせ毛で量の多い髪のセットを楽にする方法

海外のサイトを利用してお得にセンス良く生活する

 

アマゾン

日本薬局方ワセリン

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業のリモート仕事を請け負う自由業(在宅ワークと時々外出) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (03/02/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。