スポンサーリンク

Twitterで話題の「これからの時代は大学に行かないでよい」について。

 

他人の人生には自分は介入してはならないというのがスタイルだから、その人にお任せでというところです。

 

ただし、高等教育を受けて「卒業」したほうが何においても広がりがあること、将来新たに勉強したいことが出てきたとき過去の「卒業」を利用してその続きができるので、何かと便利ではあります。

 

加えて、自分の周りの高卒と短大・大学中退者の中には、十代二十代の頃は、「大学に行っても無意味だから行かない」と豪語していたのに、三十代後半あたりから、その全員が「行っておけばよかった……」と嘆きに変わっているのを目の当たりにした(している)、ということはここに記しておきたいと思います。

 

その発言を聞く度に、通信制の大学とか(外国大学含む)、放送大学を利用しようして、働きながら卒業を目標にするのはどうかと提案すると、仕事の後に勉強するのは嫌、子どもがいるから無理、と言います。

 

でも、皆、仕事が忙しかったりお子さんがいても、遊ぶ時間やお酒を飲んで酔っぱらう時間やTVを見る時間は捻出できているから、勉強するのが嫌いなのかもしれません。

 

またその人たちには、共通点があり、勤め人としてはそれなりに年収があるということ。

 

ところがです。

 

能力を発揮できいているけど、心からやりたい仕事に就いていない、のです。

 

同様に、大卒でも心からやりたい仕事に就いてない人達の場合は、その学校に入学卒業し、名の通った大企業で働くことが人生のゴールかのようにふるまいます。

 

それが良いことだと信じているから、それはそれでよいとも言えます。

 

一方で、他者からのその仕事の評価はさておき、やりたい仕事ができて生活している人は、そういった学歴コンプレックスがないのです。

 

勤めている人でも、フリーランスでの各種の職でも、表現者職でも、好きでその仕事をやっているのだなあとわかる人達です。

 

やりたい仕事ができるとは幸福なことです。

 

また、経済的な理由で高校卒業時点で大学進学をあきらめたが、自力でお金を貯めて、後に入学し、卒業した人たちを何人も知っています。

 

私の出身大学にはそういう人達がいて、その出会いは若い自分の価値観を変えました。

 

職場で実務を積んで思い切って退職した人、子育てしながら、子育てを終えてから、人生経験がある人達の学びの目的は明確だし、何せ高い学費を自分で用意した人達なので何事にも一生懸命でした。

 

あと、親御さんの教育方針で高校卒業後1年くらいは外国をし、それから入学した人達もいました。

 

御両親のどちらか、または御両親ともに、外国籍の人達のケースでしたが、人生をゆったり構える進学の方法もあることも知りました。

 

大学へ行く行くまいの前に、やりたいということを先に考えるほうが大切だし、大学はいつから通ってもよい学びの場所です。

 

尚、経済的な理由で大学に行きたいのに行けないとあきらめているお若い方、親御さんは、放送大学はいかがでしょうか。

 

私も将来的にどうしてもやりたいことがあり、今学期は昔に通っていた大学の単位を使っての編入手続きに間に合いませんでしたが、昨年から科目履修生として学生もやっています。

 

学費も安いし、オンライン上ではありますが先生方の授業も楽しいし(一人でクスクス笑うことが多い)、当然ながら学びもあるし、Twitterで検索すると放送大学の学生さんをお見かけし刺激も受けています(グレードA狙いの方が多いんだなとか)。

 

選科履修生、科目履修生が、満15歳から入学できることは知っていたのですが、中学卒業でも学位がとれることは、書きながら初めて知りました( >>  https://www.ouj.ac.jp/hp/voice/06.html )。

 

大検を取らないといけないのかと思っていました。

 

こういうシステムがあると、大学以前に高校は必要かという話しにもなります。

 

放送大学の学費は教科書代込みで約70万円です。https://www.ouj.ac.jp/hp/nyugaku/gakubu/tuition.html

 

選択肢の多い時代になりました。

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。