スポンサーリンク

 

RealKei JPです。

 

当たり前のことなのですが、つけまつ毛やエクステをやめると、目が軽くなります。

 

昨年末から目が疲れが少々異常ということもあり、ブルーベリーを毎日の生活に取り入れるようになりました。

 

でも「加える」ということの前に「減らす」という作業を行う必要もあると思い、まつ毛が増えてみるような施しをするのをやめることにしたのです。

 

勇気がいりましたよ…。私は、一重の目にお化粧するのが楽しみの一つでしたし、つけまつ毛や、エクステは大切なポイントだったのです。

 

また、運動を真剣に始めてからは、エクステはスッピン状態の顔にとても重要でした。

 

でも、目に負担をかけてすぎていては、身も蓋もない。

 

最後にやったエクステが抜け落ちるのも気にせず、このまま何もやらないまつ毛にしようと決めました。

 

見た目の違和感があるのは、数日だけのことで、後は快適です。

 

目が軽い!

 

それに。

 

何もしないと決めてからは、他人のまつ毛が気になって仕方がありません。

 

そして結論に至りました。

 

推定35歳以上のハリのなくなった瞼に人口まつ毛は、ヘンかもと。

 

私の母が、世の中の女性のまつ毛の施しを「オカシイ」(自分の娘も含む)と言っていたのはこういうことかとも思いました。

 

ペンシルアイライナーと、リキッドアイライナーを、今までより気持ち(0.1mmくらい)太めで描くことで、どうにかなるはずですよ。

 

私はもっぱら、ペンシルアイライナーはiHerb、リキッドアイライナーはスーパーで売っている雑貨化粧品を愛用しています。

 

目が軽くなったおかげで、疲労がかなり緩和されました。

 

 

Flickr : Michael Gildersleeve

Flickr : Michael Gildersleeve

 

関連記事

目に良いブルーベリーと世にも美しいダイエットとデジタル断食と

濡れても落ちないラインが描けるアイライナー

 

 
  

 

 

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職・時々外出(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / バターの1日の消費量は100g / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (05/27/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。