スポンサーリンク

 

東京で生まれ育ったが、山手線の内側で暮らしたことがなく、縁があるのは23区の西側ということも関係し、真の東京を実は知らないということに近年になった気がついた。

 

特に下町エリアの有名所は知って見ておくと、今の私はかなり充実感を得ることができる。かと言って、色々を回っていたら時間がかかり過ぎ。

 

そんなことをしばらく考えていたのだが、はとバスに乗ってぐるっと観光するのはどうかと思った。調べたら、良いプランがあった。

 

ベストビュードライブ 東京スカイツリー(R)/2階建てオープンバスで運行」。

 

東京下町を一時間でまわるというもの。

 

「一時間」と聞くと短いと感じるかもしれないが、いつかイタリアローマでツアーバスに乗り、二時間くらいで街をまわった時に、「意外と体力がいる(首が疲れる」、「結構飽きるなあ」と感じた体験があるので、一時間で十分と思われたのだ。

 

月曜日から土曜日と、日曜日では、バスの回り方が少し違うようであるが、私は日曜日に行ったので以下のコースとなった。

 

東京駅丸の内南口 =日本橋=浅草橋問屋街=浅草・雷門=隅田川・言問橋=東京スカイツリー=首都高(上野~銀座=歌舞伎座=銀座)=東京駅丸の内南口

 

大人1600円でこれだけで回れるのです。どこも「東京」という感じの場所ばかり。

 

そして5月某日、東京ツアーへ。

 

はとバスの乗り場は、日本郵便の施設のKITTE近く。こちらは地下の入口。バスに乗る前にお手洗いに行っておきましょう。

 

「はとバスに乗って東京観光」(日本郵便の施設のKITTE)

 

KITTEの地下のカフェのコーヒー。カップがかわいい。

 

「はとバスに乗って東京観光」(KITTEの地下のカフェのコーヒー)

 

はとバス乗り場は東京丸の内南口スグ。観光バスとしては独占なのでしょうか、はとバスだけの乗り場になっているのでわかりやすい。

「はとバスに乗って東京観光」(はとバス乗り場は東京丸の内南口スグ)

 

バスは、11:00、13:00、15:00に出発。私の乗るバスは11:00に出ます。

 

「はとバスに乗って東京観光」(バスは、11:00、13:00、15:00に出発)

 

写真はたくさん撮ったのだが、シートベルトをしながら自由な体勢になれないし、他のお客さがたくさん写ってしまいあまり気に入った写真がない。

 

こちらは三社祭の様子。

「はとバスに乗って東京観光」(三社祭の様子)

スカイツリー。冷めた目でスカイツリーのニュースに触れていたけど、実際見るとなかなかスゴい。

「はとバスに乗って東京観光」(スカイツリー)

写真は以上。

 

バス料金は大人1600円です。

 

私の「江戸」への知識不足を補うために、ガイド以外でも説明が必要と、東京に詳しい人達二名を助手として連れて行ったのだけど、その日は日差しが強過ぎて、二人とも途中でグッタリしてしまい後半からは無言。私も太陽を浴びすぎの時に起こる頭痛がしてきて、熱中対策を万全にすべきだったと反省した。

 

でも大変勉強になった。東京が違って見えることもたしかだし、人が興奮する場所の確認もできた。

 

これからの暑い季節にはどうかとは思うけど、曇りの日などは人にもおすすめはできます。

 

 

最終更新 08/12/2015 21:45

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com