スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

久しぶりに映画を観ました。

 

ルクセンブルク出身でフランスで活躍する、アンヌ・フォンテーヌ監督の『ボヴァリー夫人とパン屋』(原題:Gemma Bovery)。

 

GEMMA BOVERY.eps

Flickr : antonio boxmail GEMMA BOVERY.eps

 

名作にも関わらず私は読んだことがないギュスターヴ・フローベールの『ボヴァリー夫人』をモチーフにした、フランス語と英語が混在する作品です。

 

フランス映画らしく、ユーモアと残酷さがある内容で非常におもしろかった〜。

 

主演のジェマ・アータートンは色っぽいです。

 

 

あらすじは、映画の フランス映画祭のページ をご覧になるのが良いと思います。

 

 

最終更新 05/03/2017 12:30

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業のリモート仕事を請け負う自由業(在宅ワークと時々外出) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (03/02/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。