スポンサーリンク

私の日課の一つには、9km歩くということがあります。

 

土日は気持ち距離数が落ちますが、9km(=130分)を、小分け、または、半分歩いて休憩しまた歩くということを行います。

 

健康を維持するために色々なことをやった結果、自分の身体には欠かせない運動と実感し、雨の日も風の日も、悲しい日も嬉しい日も、必ずやっています。

 

ウォーキングの重要性は、20年以上前から読み続けている元祖糖質制限食の提唱者の故 三木一郎医師から、それぞれ指導と治療を受けていた二人の著述家、故 宮本美智子氏と故 阿部進氏の著作から理解を深めました。

 

また、9kmというのは、遅ればせながら昨年読んだ『人体六〇〇万年史──科学が明かす進化・健康・疾病(上) 』『人体六〇〇万年史──科学が明かす進化・健康・疾病(下) 』(早川書房)から影響を受けています。

 

教授が9kmを推奨しているわけではなく、現代の狩猟採集民の女性の歩く距離が9kmということで(男性は15km)、私が勝手にこの距離がベストだと判断して歩くことに決めました。

 

科学の素人の私は、私たちヒトは、農耕時代より狩猟採集時代の歴史のほうがうんと長く、農耕が始まってから生まれた人間が考えた法則や慣習の中での健康法よりも、狩猟採集民の習慣を参考にしたほうがいいと考えています。

 

よって、身体によいと思われることで、参考にできるのが現代の狩猟採集民の習慣なのです。

 

普段からしっかり歩いて体力と筋力を備えておけば、万が一再び持病が再燃して長期入院した場合、長期入院でなくても私の持病ではスタンダードな治療入院3週間ということがおきても、退院後のリハビリ期間が短縮できるのではないかという期待をもっています。

 

再燃と入院は想定内で常に考える必要がありますし、苦しい入院中より、退院してからのほうが地獄であるということは、経験上の教訓です。

 

もちろん入院しても状態が落ち着き次第、点滴スタンドをゴロゴロやりながら歩くつもりです(多分看護師さんや職員に怒られると思います)。

 

ちなみに、三木医師は、病気の人は何があっても入院していても毎日60分ウォーキングとおっしゃっていました。

 

難病のある私は今は寛解状態(たまに気絶しそうな状態に陥ることはあります)、他の疾患もほぼ落ち着いているので、もう少し歩いても大丈夫だと勝手に判断し、120分以上歩きます。

 

加えて、私の主治医もウォーキングは大賛成派で、やるべしという方です(距離数は伝えてません)。

 

60分ウォーキングを経て、9km(=130分)ウォーキングを始めて5ヶ月、体力もつき、寝込んだり倒れることがほぼなくなりました。

 

ウォーキングの方法の話しにもどすと、だいたいにおいて、半分歩いて休憩しまた歩くということが多いです。

 

その際、1時間以上もあるので、音楽を聴きながら、一時はオーディオブックを聞きながら、また、耳からの情報を得ない時は、調べ忘れていたことを思い出して調べものをしたり、計算機を使って計算したり(なんの計算でしょうか!)、世の中の動きでチェックしたいことをアプリで見たり、田舎町で誰も歩いていない、坂道が多いので自転車の通行があまりないことをいいことに、スマフォをフル活用して歩いていました。

 

タブレットはポケットに入らないのでウォーキング中は使いませんが、異常ではないかというくらいスマフォ依存です。

 

ビョウキです。

 

ところが、最近、後半のウォーキングが始まる時にスマフォの充電がきれてしまうということがありました。

 

当然使用は不可なので、ひたすら歩くだけです。

 

最初の5分くらいは落ち着きませんが、ここは忍耐と我慢して、帰宅しました。

 

するとどうでしょうか。

 

なんだか頭がすっきりとしています。

 

これはよいなと、次の日からあえて往復でそれをやめてみました。

 

爽快です。

 

やり続けるしかない!と、4日目にはすっかり慣れてしまいました。

 

というわけで、私の130分は、歩くこと、それから考えることだけに集中する時間にすることにしました。

 

インプットはなしです。

 

ただし、どうしてもメモしておきたいことはメモ、あと音声録音、写真におさめておきたいという光景を見た時は写真撮影はします。

 

大変贅沢な時間を設けたせいか、労働(人様が生み出した仕事)も、自分の仕事も、何もかもが新鮮に感じます。

 

現状、その新鮮さと生産性がどう結びつくかは不明ですが、気持ちがいいということは何よりなことです。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。