スポンサーリンク

 

生きていると、オリコンのチャートに入るような音楽を好み、カッコいいと言う人々に出会うことがある。オリコンは、一昔前は、骨のあるグループやアーティストが時たまランクインしていたけど、今は全然ですね。それぞれの人生だから、チャートに入っているものを聴くのは、構わないけど、オリコンファン向けに、歌詞のないインストメンタルの曲リストを作成した。

 

小中学生の頃は、音楽テープを作成して人にあげていたものだが、そんな感覚で、iPodの中から10曲を選んだ。

 

関連記事 未来は音によって作られる 

meaning reassignment project

via Rocío さん

 

1. Nujabes – Another Reflection 

2010年にお亡くなりになってしまった、日本のDJ、トラックメーカー。Hyde Out Productionsものは心地よい。

 

2. Ben Harper – “The Three of Us” (HD) アメリカ西海岸出身の、ブルース、ロック、アーティスト。フォーキーな音は耳障りにならない。

 

3. 4 Hero – Spirits In Transit (original) イギリスのユニット。

 

4. East End Beginning of the End から“E#1(inst)。ジャジートラック。ヒップホップが、日本でほんの一部の人しか認知のなかった時代の、1992年にリリースされた。“DA.YO.NE.”は二年後の1994年発売。


 

5. DJ SHY – Santa Cruz (Flight Mix)[Only One Chillout Recordings] イタリアのトラックメーカーの作品。

 

6. Chic ~ Open Up (1980) 70年代終わりにデビューした、アメリカのソウル、ディスコバンド。

 

7. Rose Marie (Mon Cherie) / Marlena Shaw アメリカのソウルシンガー。比較的頻繁に、来日ライヴを行っている。

 

8. Duke Ellington & John Coltrane – In a sentimental mood 二人ともアメリカのジャズ奏者。

 

9. Jeff Bradshaw Smooth Soul  アメリカはフィラデルフィアのトロンボーン奏者。

 

10. Weldon Irvine – Gloria この人のことを改めて知ろうと思って検索をかけたら、面白ブログを発見した「Weldon Irvineの夢を、、、」。

 

 

ここから派生させていくと、新しい出合いがさらに増える。そして、オリコンでないところにも楽しい音楽があるということがわかってくると思う。他人に健康法はすすめないけど、良い音楽はすすめますよ。

 

 

 

関連記事 

10年後にやってくるだろう危機に備え、ジャック・アタリの『 危機とサバイバル――21世紀を生き抜くための〈7つの原則〉』を読む

 

 

RealKei JP】最終更新 07/25/2015 01:18

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。