スポンサーリンク
今回のベルリン訪問は5月1日のメイデイと重なり、クロイスベルクのフェスを見物することができた。
クロイスベルクは縁のあるエリアで友人や知人が住む。暗さと未来への明るさが同居し、なんだかワクワクする場所だ。
メイデイ当日は、クロイスベルクの至る所でデモが激しく行われていたに違いないが、私が訪れたのは、皆さんがまったりし始めた夕刻、そして、Uバーンと言われるある列車の沿線、高架下、道路沿いのフェスだ。
駅のキオスクや、道路沿いの店が、お酒を売り、大音量でそれぞれの店のテイストに合った音楽をかけ(そのはずだと思う)、お店の前でお客さんが踊っているようなかっこう。
音楽は、エレクトロニカが圧倒的に多く、レゲエ、サルサなどなどを楽しむことができる。
ヒューマンビートボクサーとラッパーの投げ銭ライヴも行われていて、ドケチなこの私が投げ銭をするくらい素晴らしいパフォーマンスも見られた。
それにしても人、ヒト、ひと!
地球上にこんなに多くの人間がいるのか、というくらいの人々が、お酒を飲みながら歩き、音楽とダンスを楽しむ。
日本の野外フェスも色々と行っているけど(正確に言うと過去形)、勝手が違う感じ。
囲われたフェスと、自由解放なフェス。
そんな印象だ。
太陽が沈む前の20:00過ぎまで、お酒ではなくミネラルウォーターを飲みながら、各ジャンルたくさん踊れて大満足である。
私はリベラルな街ベルリンが大好きだ。
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(警官がたくさん!)
 ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(人!人!人!)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(テクノで踊る人々)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(ヒューマンビートボクサー HumanBeat Boxer ヒップホップ万歳!)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(ドイツのラッパー!ヒップホップ万歳!)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(ロングヘアのラッパー!ヒップホップ万歳!)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(投げ銭 ヒップホップストリートパファーマンス)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(トルコ系の人々の屋台。おいしそうなチキン!)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(トルコ系の人々の屋台。おいしそうなキノコ料理!)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(翌週行われるベルリンの大きなジャズフェスの告知)
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」(明るい19:00台。皆さんはリベラルなベルリンを朝まで楽しむのでしょう)

関連記事

タグ ベルリン出張 2015 SPRINGSUMMER

 最終更新 08/13/2015 18:49
ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。