スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

Nezu Museum 根津美術館

Nezu Museum 根津美術館

 

会期終了間近、駆け足で、東京港区 根津美術館 で『コレクション展 染付誕生400年(Sometsuke: Celebrating Four Centuries of Japanese Porcelain)』を観賞してきました。

 

Sometsuke: Celebrating Four Centuries of Japanese Porcelain Nezu Museum 根津美術館

Sometsuke: Celebrating Four Centuries of Japanese Porcelain Nezu Museum 根津美術館

Sometsuke: Celebrating Four Centuries of Japanese Porcelain Nezu Museum 根津美術館

Sometsuke: Celebrating Four Centuries of Japanese Porcelain Nezu Museum 根津美術館

 

肥前磁器である伊万里焼、私大好きなのですよね。九州ルーツの血が騒ぎます。

 

コレクション展のフライヤーによると、中国が生産の中心地だった磁器は、今から約400年前の1616年に、朝鮮半島から渡来した陶工である李参平が肥前(現在の佐賀県)で焼成に成功したとあります。

 

「約400年前」と言えば、私の父方の本家が、現在の熊本県のとある場所から、キリシタン禁制の一環で、長崎の雲仙・島原地域に移った時期でもあり、有明海付近はさぞかし賑やかなことだっただろうとも想像します。

 

展示物で一番感動したのは、東京大学本郷構内で発掘された埋蔵物。

 

私が会社員時代にお世話になった二社目の出版社は、本郷にあったので毎日本郷キャンパスの前を通っていたけど、あの建物は江戸時代は加賀藩のお屋敷があったと言いますから、珍しい貴重なものが出てきて当然でしょう。

 

17-18世紀頃の物で欠けていたけど、ここでもまた壮大なストーリーが頭に浮かびます。

 

私が行った日は土曜日で17時閉館というのに、16時に入ってしまったため、根津美術館の外のお庭をゆっくり見られなかったのは残念。

 

お庭はハイキングと考えるべきで、スニーカーやちょっと厚底の丈夫な靴を履いた方がいいです。

 

Nezu Museum Garden 根津美術館

Nezu Museum Garden 根津美術館

Nezu Museum Garden 根津美術館

Nezu Museum Garden 根津美術館

 

根津美術館にはまたゆっくり行きたいな。

 

Nezu Museum 根津美術館

Nezu Museum 根津美術館

 

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。