スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

久しぶりの通常の投稿です。

 

2018年1月26日金曜日、吉祥寺の[Star Pine’s Cafe]で行われたシアターブルックのライヴへ行ってきました。

 

SPC入り口

 

シアターブルックのワンマンライヴに足を運ぶのは2016年の12月以来です。

 

投稿を読んでいる方でシアターブルックをご存知ない方もいらっしゃるかもわかりませんので簡単に説明すると、このバンドは、結成30年のファンクとロックの要素を含んだグループで、メンバーは、ギター&ヴァオーカルの佐藤タイジ氏、ベースの中條卓氏、キーボードのエマーソン北村氏、ドラムの沼澤尚氏で構成されています。

 

当日のイヴェント名は〈Play That Funky Music Again vol.2〉。90年代初頭、シアターブルックが主催していた〈Play That Funky Music〉を彷彿させるべく、旧メンバーのyasuhiro yonishi氏やDJ吉沢dynamite.jp氏がゲスト参加でした。

 

今ではバンドにDJがいることは普通のことではありますが、東京においてバンド+DJスタイルを築き上げたのはシアターブルックが初なんですよ。

 

クラシック以外のジャンルの音楽で邦楽洋楽共に何を聴いたら良いかわからないという方は、上記のメンバーのTwitterやSNSをこまめにチェックし、ライヴに足を運んだり、紹介している音楽を聴いてみると良いと思います。間違いなく、国内外の一流のポップスとジャズ、それを奏でる人たちを知ることができるでしょう。

 

25年以上シアターブルックのライヴを見続けていますが、間、国内外のポップスのジャンルの、楽器使用のライヴ(=ターンテーブル+ラップのライヴ以外という意味)をおそらく1000本以上は見て、耳もそれなりに肥えてきたからこそ断言できるのですが、シアターブルックの演奏が自分の中でのポップスの基準になってしまうほどに質が良く、この日のライヴも大満足。

 

当日はギター&ヴォーカルのタイジさんの誕生日でした。お店からのサプライズでケーキ進呈。

 

盛り上がりました!

 

第一部と第二部の間、ゲストのDJ吉沢dynamite.jpが喋りDJ。ライヴが行われる二日前の1月24日に亡くなったECD氏への追悼として“君といつまでも(together forever mix)feat. ECD×DJ Mitsu The Beats”もかけていました。

 

かつて下北沢にあったクラブ[Zoo]でDJをやっていたタイジさんと知り合い、ライヴを見に行ったところ、シアターブルックかっこいい!で、その後も一人でイヴェントに通っていたら、四半世紀後にはとてつもない人脈が形成されているから不思議なものです。

 

吉祥寺のSPCを訪れたのは、2000年前後、シアターブルック+今をときめく俳優の西島秀俊氏のライヴ以来だったか、勤め先の飲み会の後、酔っ払った勢いで同僚二人を連れ渋谷区富ヶ谷から吉祥寺に移動し、吉澤君(現:DJ吉沢dynamite.jp)のイヴェントに行った以来だったか。記憶が定かではないけど久しぶりでした。

 

SPCの顔であるマービンさんはお元気だったし、思わず「長いですよね」(=長く働いてますよね)と話しかけてしまったお店の方とのしばしの談笑も、ほんわかした気持ちになりました。

 

ライヴでタイジさんが、〈Play That Funky Music〉を毎月SPC(Star Pine’s Cafe)でやりたい旨をMCで言っていたけど大賛成。

 

体調をみながら遊びに行きます。

 

詳細:シアターブルック オフィシャルサイト

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。