スポンサーリンク

 

ジェニファー・ロペスは何もかもの感覚がすぐれていて、ファッションセンスもよい。

 

おそらく…。

 

彼女は、映画やミュージック・ヴィデオの衣裳も参加していると思うのだが、作品での洋服も素晴らしい。

 

デニムの着こなしもうまく、そんな動画を集めた。

 

 

2000年リリース。ストレート。普通の人の設定。共演のラッパーのBig Punはこの年に逝ってしまわれた。

Jennifer Lopez – Feelin’ So Good ft. Fat Joe and Big Pun

 

2000年リリース。細身ストレート。デニムには白が合う。

Jennifer Lopez – Love Don’t Cost a Thing

 

2003年リリース。何もかもがジェニファー・ビールス! 『フラッシュ・ダンス』ですよ。

Jennifer Lopez – I’m Glad

 

2006年アメリカ公開映画。新聞記者役のジェニファーのデニムシャツとパンツ姿は、すぐにでも真似できる。映画は、とても考えさせられる社会派な内容。私のJ.Loお気に入り映画トップ3に入る。

Bordertown Official Trailer!

 

2014年リリース。スキニー。若いスタイル。

Jennifer Lopez – Same Girl

 

2014年リリース。フレンチスリーヴ丈のシャツにホットパンツ。南の島で真似たい。

Jennifer Lopez – I Luh Ya Papi (Explicit) ft. French Montana

 

他にもあるかもしれません。ぱっと思いついた作品が以上です。

 

ご参考までに。

 

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業からリモートで仕事を請け負う自由業(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (04/24/2018 最終更新)

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。