スポンサーリンク

 

この週末は、イルマル・ラーグ監督、ジャンヌ・モロー主演の『クロワッサンで朝食を』を観た。

 

映画『クロワッサンで朝食を』予告編


 

あらすじについては、オフィシャルサイトをご確認いただければと思う(クロワッサンで朝食を)。

 

仏題は、Une Estonienne à Paris、パリのエストニア人とでも訳せばよいのだろうか、原題をいかしたタイトルにすればよかったのにという内容だった。パリ人を演じることが、一見生きている証のような、エストニア移民のフリーダ(ジャンヌ・モロー)には、自分が死んだら、エストニアの母親の墓の隣にというくらいに故郷回帰はあるし、同じくエストニアからやってきたアンヌ(ライネ・マギ)は、憧れのパリで職を見つけ、都会的に振る舞おうとする。二人とも、パリにはいるが、パリっ子ではなく、エストニアの人たちなのだ。

 

東京には、地方からやってきた人たちが、たくさん住んでいる。東京っ子は、東京っぽさなど考えないけど、地方出身の両親や友人達に訊くと、それを考えて上京してきているそうだ。フリーダ、アンヌ、そして、ステファン(パトリック・ピノー)に彼らを重ね合わせた。

 

ジャンヌ・モローの自前のシャネルの洋服、素敵な小物やインテリア、大人の女、そんなことばかりが注目されているように感じるが、大都会にやってきて、がんばっている人たちに向けた映画だった。

 

 

What have they done to Jeanne Moreau ?

via Kay Harpa さん

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。