スポンサーリンク

 

女性なら、誰でも一枚は持っているだろうスカーフ。持っていなくても、母親の箪笥の中にひっそりはあるだろう絹の美しい布。

 

最小限で使い回しもできる、上質な物は、うまく使いたい。

 

Tohu-Bohu Claudia Stuhlhofer-Mayr Blue MCWCT 06 x2000

Flickr :  www.ThePerfectRedBox.com さん

 

会社員時代、頻繁に飛行機を利用する時期があった。機内では、寝るか、CA観察をするのが、楽しみだった。CAの女性達は、よく見るとスカーフの巻き方が皆さん微妙に違っていて、それぞれの美しさの引き立て方をわかっているという感じがした。

 

スカーフはすごいと思った出張族だった頃の話し。

 

最近、大変興味深い本を見つけた。

 

ナタリー・ベルジュロンのスカーフスタイルブック

 

元、エルメスにお勤めで、スカーフの結び方のセミナー担当だった、ナタリー・ベルジュロン氏が著者。まだ店頭でパラパラとめくった段階ではあるが、この本は買いかと思われた。自然療法やヨガの翻訳本専門出版社の産調出版のような無機質な本作りも大変好感が持てた。

 

ナタリー氏の著作は以下のタイトルもある。

 

スカーフ、ストール&マフラー アレンジ140 毎日使える結び方からベルト、バッグまで

以前、ネット上で話題になったWendyのこの映像も参考にしたい。

25 Ways to Wear a Scarf in 4.5 Minutes!

 

おしゃれは、創造力そのもの。私も、スカーフを久しぶりに身につけてみよう。
 

最終更新 08/12/2015 16:07

 

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。