スポンサーリンク

 

動物性タンパク質、小松菜を中心とした葉野菜の後に食べる小麦粉製品で作った一品は、食事の楽しみだ。

 

タンパク質は生きるための力の源、野菜は健康生活のため、小麦という糖分は満足感を満たしたい欲望のために口にする。

 

世にも美しいダイエット(M式食事法)を行っていると、食事方法がワンパターンになりがちなので、工夫が必要だ。

 

最近は、パスタや、仙台名物の温麺(うーめん)に、スダチやカボスをかけると美味しいということを知り、凝っている。

 

Twitterでフォローしている徳島在住の方が、このところずっとスダチのつぶやきを行っていたから、すっかり影響された。

 

そういえば、同じく徳島出身のロックスターの佐藤タイジさんが、著書でスダチは何にかけてもウマいと言っていることも思い出した。

 

スダチを購入し、ものは試し、EXオリーヴオイルとニンニクの簡単パスタにスダチをかけたら、あら、びっくり。これはおいしい。

 

今までは、スダチを含む柑橘類は、野菜や動物性タンパク質にかける習慣しかなかった。

 

スダチがいけるということは、カボスはどうかしらと思って試したら、これまたイイ!

 

大分にルーツがある私にとって、カボスは最も身近な柑橘類だ。

 

茹温麺(うーめん)にも、その青い色をした柑橘類達は合う。

 

炭水化物のおいしい食べ方を発見した。

 

食べ過ぎに注意!

 

 

大分のカボス2015

2015年の大分のカボス

 

 

 

RealKei JP】最終更新 09/09/2015 12:16

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。