スポンサーリンク

 

三歳半離れた妹は、むしゃくしゃした日の夜は、高価な果物を買ってそれをジュースにして飲むのだそう。

 

彼女はお酒が飲めない。

 

甘いお菓子も少量で良いタイプの人間だからストレス解消にはならないらしい。

 

心を満たすには「お腹がいっぱいになる」ことをやらないと気がすまないのはわかる。

 

それで一時期はポテトチップスにハマっていたが太るからとやめさせた。

 

そこで彼女が考えたのが、高価な果物ジュース。

 

色も綺麗だし、暗い気持ちを美にすると言っている。

 

私も時々仕事でイライラすることがある。

 

イライラしても仕方がないのだけどせっかちなところがあるからそうなってしまう。

 

こういう時は動物性タンパク質を多めにとる。

 

栄養価の高い羊肉や鹿肉や牛肉がいいのだけど、私は哺乳類のお肉を食べないから、鴨肉の塊とかマグロ1柵など、赤身のいいものを買って食べる。

 

お酒は飲めるけどだいぶ前にやめた。

 

甘いお菓子も食べない。

 

何かあったらクラッカーを大量に食べていたけど、肉や魚を食べた方が栄養もとれるからと切り替えた。

 

ストレス解消で口にするんだったら、せっかくなので美とか栄養を考えると飲食後、虚しさもない。

 

お腹も満たされてイライラの原因を冷静に考えると、なあんだ大した問題ではなかったと気がつくことも多い。

 

お酒が解消法だと酔っ払っうだけで一時的に忘れはするけど、気づきはないでしょう(かつて大酒くらいだった私の経験による)。

 

それに、高額と言っても一人分の果物、鴨の塊、マグロ1柵は、予定していた酒代から随分なお釣りが出るはずだから、それは別の有意義なことに使えると思うのです。

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。