スポンサーリンク

 

イタリアの大女優、ソフィア・ローレンの美の秘訣は、オリーヴを食し、オリーヴオイルを体にも使うことなのだそう。

 

使っているオイルが飽きてきたので、体と髪を洗う前に、頭からつま先まで食用オリーヴオイルでマッサージしてみた。現在使用中のものは、iHerbで手に入れたアプリコットオイルなのだが、ストックがあるため、しばらく使うことになり、今回は気分転換。

Sophia Loren

via Nostalgic Collections さん

 

ソフィア・ローレンは、セレブ中のセレブだから、美容には時間もお金も沢山かけているはずで、そんな人がキッチンコスメを使うとはよっぽど良いのだと思う。

 

食用オリーヴオイル(エクストラヴァージンオイル)は、肌に合えば、全身に使える。

 

私は、一つのオイルで、メイクを落とし、頭皮のマッサージをし、時にヘアトリートメントがわりに、そして顔と体のマッサージを行っている。これという、いくつかのオイルに出合うまでは、様々な物を試してみた。もちろん、食用オイルもである。

 

オリーヴオイルはソフィア・ローレンのまねごと、ごま油はアーユルヴェーダですすめる代表のオイル、アーモンドオイルは自然療法のエドガー・ケイシーが肌と股関節痛(私股関節痛持ちデス)に良いと言っている、アルガンオイルは食べても飲んでも肌につけてもよしとはよく聞いていた、などなど。

 

オイル自体を賛成しない人、精製されていない油は肌に負担をかけるとか言う人もいるけど、私は気にしないので使っていた。オイルは、基礎化粧品には大抵入っているし。また、むしろ精製されていない分、沈殿物がスクラブになると思っているくらい。また、各オイル、化粧用に作られているものより、肌のべたつきをさらっと落とす(個人的な感想です)。これがたまらなく気持ちが良い。

 

でも、食用オイルには問題点が三つある。まず、精製されていないので、つけて寝ると寝衣に色がつく。次に、青くさいから、使用した後は洗う行為が必要であるということ。アヴォカドオイルなどは、とんでもない匂いである。最後に、他二つの理由から、シャワーとお風呂の前に使用するのがよいのだが、お風呂場の掃除が大変であること。きちんとやらないと、お風呂場で滑ることに…。化粧用や薬用オイルのほうが後処理は楽である。

 

でも、全身オリーヴオイルマッサージは、ゴージャスなお肌を作る。そして、ミニマリスト(最小限主義)の究極のオイルなのかもしれない。

 

 

関連記事

カテゴリー「ミニマリスト」 

自分専用のオイルで美を磨く 

美輪明宏とナオミ・キャンベルに影響され、お風呂で塩を使う   

美味しい料理レシピ本たち

 

 

最終更新 07/07/2015 09:42

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業からリモートで仕事を請け負う自由業(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (04/24/2018 最終更新)

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。