スポンサーリンク

 

 

Flickr : Carol Murray

Flickr : Carol Murray

 

 

何年も探している物がある。

 

それは、フランス人文筆家ドミニック・ローホー著『シンプルに生きる 変哲のないものに喜びを見つけ、味わう』、「ファッション」の章の「旅行の荷物は軽く少なく」に記述のある、洗髪にも、洗濯にも、シャワーにも兼用できるすぐれもの、「チューブ入りの万能練り石けん」である。

 

この本を読む以前、以後にも、「ねんどのソープ」という万能練り石鹸を使用したことがあるのだが、コレのことなのか。

 

それとも、ドミニックさんの故郷のフランスにある品なのか。

 

「ねんどのソープ」は、石鹸の匂いが少し強いけど、たしかに全身に使える。洗濯には使ったことはないが、きっと大丈夫だろう。

 

ただ、ねんどのソープを旅行に持っていく場合、機内持ち込み手荷物だけで移動する派としては、新品300gは重量オーヴァーの原因にもなりかねないし、液体1kgまでに対して300gは割合が高くなる。

 

かと言って、詰め替えするのは手間である。

 

色んな石鹸を使った結果、旅にはマルセイユ石鹸、または、アレッポの石鹸が良いということになった。

 

切って使用する。液体の詰め替えはメンドウクサイと感じるが、切るのはそう感じない。

 

髪、顔、体、全身に使えるし、洗濯もOK、というところで落ち着いている。飛行機内持ち込み荷物にも、さほど影響が出ない。

 

それでも、私は「チューブ入りの万能練り石けん」が何だか知りたい。

 

ご存知の方がいたら、ご一報くださいませ。

 

 

連絡先

hello[at]plen-act.com

 
   

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com