スポンサーリンク

 

只今、私はデトックスの身である。普段の持病の潰瘍性大腸炎が暴れない食事方法に加え、塩を使わない調理をしている。詳しくは過去の記事を読んいただければと思う。

薬を飲まないのは持病の潰瘍性大腸炎があるから

 

デトックスのやり方は、幅広くて、色々と情報は集めてみたのだけど、3年前のデトックス期間も、今回も、新装版 体の毒素を取り除く/体内浄化の全ての方法が凝縮されたデトックスの決定版 (ガイアブックス)』を参考にしている。著者のジェーン・アレクサンダー氏によると、デトックスは、食事、呼吸法・運動、化学物質フリー、ストレスをなくす、片付けがポイントとのことだ。日本の、大家族で住んでいた頃普通だったことを行えば、普段から毒素を取り除くというはできるのだと思う。ただ、化学物質フリーに関しては、現代の方法で取り除かないといけない。そのうちの一つがジオパシックストレスの検知だ。

 

この本に出合うまで、このジオパシックストレスを知らなかったのだけど、「地中深い水脈や、大きな鉱床、地球深部の地層の乱れなどから生じる異常な地場が、ジオパシックストレス(GS)の原因」になる。また、株式会社ビューティウォーク のサイトによると、人工的要因もあるようだ。

 

新装版 体の毒素を取り除く/体内浄化の全ての方法が凝縮されたデトックスの決定版 (ガイアブックス)』を読み返さないとついつい忘れてしまいがちな、このジオパシックストレス(GS)なのだが、本にある通り「スイッチを入れたヘアドライアーの側面を身体に沿わせるようにして、全身に滑らせます」といったことを久しぶりにやってみたら、あら不思議、何だか体が軽くなる。これは、デトックスが終わっても週一回くらいは、生活に取り入れようと思う。前回もそう思ったはずだが、忘れてしまうから、このブログを備忘録としよう。

 

「ジオパシックストレス」で検索すると、たくさん情報も出てくるので、興味がある方は調べてみてください。

 

新装版 体の毒素を取り除く/体内浄化の全ての方法が凝縮されたデトックスの決定版 (ガイアブックス)』には、ドライヤー以外の方法も掲載されています。

 

 
Amethyst-Calcite

via Nic Kolbe さん

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。