スポンサーリンク

 

『99の持ちもので、シンプルに心かるく生きる』(ドミニック・ローホー著、赤松梨絵訳、講談社発行)で、著者がデュラス・ルックにふれている。

 

デュラスは、今年が生誕100年のフランスの作家マルグリット・デュラスである。私が読んだ彼女の小説は、学生時代に読んだ『愛人/ラマン』だけなのだが、長い間気になっている人ではある。

 

デュラス・ルックとは、有名なデザイナーがデュラスの「M.D.ユニフォーム」に影響を受け発表したスタイルだそうで、「ブラックのベストにストレートスカート、タートルネックのセーターとショートブーツ」とのこと。デュラスのどの作品からの引用かは不明だが、おそらく1987年発表のエッセイ、La Vie matérielle (英語翻訳本 Practicalities (日本語翻訳は『愛と死、そして生活』(現在新本の扱いなし)))に似たようなことが書いてある。

 

ファッションに自分だけの決まったスタイルがあると、やるべきことに集中ができるでしょう。

 

 

via gallimard さん

 

Marguerite Duras

via geldenkirchen さん

 

 

私はなぜ書くのか

マルグリット・デュラス: 生誕100年 愛と狂気の作家

99の持ちもので、シンプルに心かるく生きる

 

関連記事

ファッションのスタイルを持つ

 

 

最終更新 06/28/2015 22:10

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。