スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

Kindle Unlimitedで、トニー野中さんという企業経営者で成幸者研究家が書いた『世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと』を読みました。

 

 

自己啓発書を読まない人生を送ってきたけど、Kindle Unlimitedの出現により身近なものに。10-20分くらいで読めるし面白い。

 

そして、暮らしや仕事でのヒントになることが書かれていているからお得感満載。一日二冊以上の本を読みますが、実用書系の本は万人に何かしらの良いことをもたらすと思うので、ブログにどんどん載せていきます。

 

さて本書は、著者がおつきあいのある世界トップレヴェルの大富豪のお話しや、成幸者研究家と言うだけあって、お金持ちの逸話が豊富。

 

これらを織り交ぜて、お金の習慣、時間の習慣、健康の習慣、家族やパートナーも含めた人間関係(人脈)の習慣、が説明されています。

 

どれも、至極シンプルなことだらけ。

 

ただし習慣にすると言うことが重要であることはわかりました。

 

個人的な話しをすると、今私は、ちょっと時間がキューキューな生活を送っていて、本書を読んで余裕のある時間をつくるのも自分次第と感じました。

 

とある打開策を考えていたけど迷い中、でもこの本の中に、その方法と同じことが書かれていたので、大富豪の例に習って前向きに検討すべきですね。

 

それから、「食べることは、空腹を満たせて、健康によければいい」、1日2食だとか、野菜中心のヘルシーな食事、というのが大富豪に共通していることだそうです。

 

人間は肉魚を食べないとどうしようもないと考えている私は、野菜中心の食事がヘルシーかを疑問に感じますが、大富豪のスタイルに安心しました。

 

というのも、私は限られた食材だけを口にするし、持病の治療で長期入院経験があり、その時に「ひもじい」思いをうんと味わったので、元気になった今はまさに「空腹を満たせて、健康によければいい」のです。

 

粗食でも体によければいいですものね。

 

そんな生活習慣も本書には書かれています。

 

ご興味のある方は是非ご一読ください。

 

 

『世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと』

トニー野中 著 三笠書房 発行

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com