スポンサーリンク

 

ドミニック・ローホーさんの新刊が発売されるそうです。久しぶりですね。

 

Calla Lily  via Wendy さん

 

『屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方』

ドミニック・ローホー 著

原秋子 訳

講談社 発行

978-4062193429 

 

屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方

 

2010年に読んだドミニック・ローホーさんの『シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう』は、私にミニマリストを目指すきっかけを作ってくれた一冊です。当時は、国内と海外共に、旅が多く、旅の荷物中心に生きたほうがよいのではないかと考え始めた頃で、すんなりと改革を始めることができたのです。

 

彼女のキーワードの一つが茶道であることもよかった。子どもの頃から長いこと習っていたということもあり、茶室という小さな空間での、知恵のある、そして理にかなった感覚を思い出させてくれたのでした。

 

ドミニックさんが、常に孤高のスタイルをお持ちなのもいいです。

 

尚、ミニマリストの定義は、職業や性別などでだいぶ変わりますのでルールはないと考えています。自分は自分、人は人。群れや、コミュニティなど成さずに一人で実行するのです。

 

洋服の整理は、旅に行く度に整理できてよかったのですが、私のライフスタイルには、音楽と本は欠かせず、整理してもいつもそれらに囲まれていました。しかし、CDはデータ化すればよいわけですし、本だって、読み返すものは何冊あるかといったら、カウントできるくらいということにも気がついたのです。

 

結果、整理には4年の歳月を要しました。でも気持ちはすっきりです。何か購入する時のテーマも「軽い、上質、丈夫、兼用可」で選びます。本も執着せずに、読んだら手放すことができるようになりました。

 

今は、見えないものの整理中ですが、また何年かかけてそれを行うのだと思います。

 

新刊が楽しみです。

 

以前に、講談社さんから出たドミニックさんの『ゆたかな人生が始まる シンプルリスト』は、重量があったので、今回は軽い本を期待したいです。

 

 
シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

 

その他のドミニック・ローホーさんの本

 

 

関連記事

ミニマリストの新しい参考資料『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~』

魔法のことば「間食はシックじゃない」

作家のファッション「デュラス・ルック Duras Look」

ミニマリストが普段持つバッグについて

「本当に必要なかたち」を打ち出す良質メーカーに期待したいこと (女性の下着について)

お洒落の手本になる雑誌

センスが良く見えるファションの法則

11のコスメでメイクをする方法

香水

◯◯が寄ってこない香水

ミニマリストになるための、15のレッスン

 

 

RealKei JP】最終更新 07/05/2015 18:55

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / ノマドワーカー / 女性 / UC(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com