スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

ネットの仕事で生計が立てられる時代になりました。

 

かく言う私も、個人で請け負っているフリーランス仕事は、全てそのタイプです。

 

俗に言うリモートワーカー。どの仕事も、かなりおもしろい。そして勉強になる。

 

仕事はどのように探すかと言いますと、これ!と思った外国の企業のフリーランサー向けの募集に直接オファーします。

 

クラウド仕事の斡旋の会社は利用しません。

 

仕事を見つけたら、登録して履歴書を送ります。

 

その後は、面接がわりの試験がある場合がほとんどで、合格すれば登録ができ、仕事を待つという流れです。

 

試験は、会社によって、3日から1週間かけてやるようなものもあります。再受験できる会社もあるし、一発勝負の場合もあります。

 

ただし、試験に受かっても、

・仕事がすぐにこないことがある

・いざ仕事が始まっても、先方と相性が合わないこともある

・プロジェクトが予定より前倒しで終わることもある

といったケースもあるので、いくつかの会社の仕事を掛け持ちする、他社へのオファーと登録のための試験勉強と受験は、しばしばやる必要があります。

 

役者が、オーディションに向けて、稽古をするのと同じような感じでしょうか。

 

支払い額は、会社や各人の作業スピードによっても変わります。

 

週20時間以上の従事で、日本円で、1400円から5000円時給が私の知る相場です(全て文系技能)。

 

納期に向かって自分で計画をたて、自分のペースでやります。

 

私と同じ疾患である潰瘍性大腸炎、及び、クローン病の人が読んでいたら、こうした働き方があるということはお伝えしたいです。

 

仕事を見つける際のポイントは、(自分が得意な分野での)そこそこのコンピュータスキル、そこそこの英語力、国語力、企業での社会経験やその職種での2-5年以上のキャリア経験、そして大学や大学院での専門または自分で極めた分野の専門知識、になると思います。

 

 

関連記事

多国籍テクノロジー企業3社で働く人たちの共通のスキル

自宅や好きな場所で仕事をするリモートデジタルノマド

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。