スポンサーリンク

 

ハル・ベリーが出演した、1995年の作品『代理人(Losing Isaiah)』を観た。

 

夫と、ティーンエイジャーの娘がいるソーシャルワーカーの、コーカサス系のマーガレット(ジェシカ・ラング)は、捨てられたアフリカ系の赤子、イザヤを養子として引き取る。イザヤは、母親が麻薬中毒者であったため後遺症の危険もある。後、更正した、アフリカ系の母親カイラ(ハル・ベリー)が親権奪回を求めて現れ、裁判となる。結果、マーガレットが敗れ、イザヤはカイラのもとへ。しかし幼いイザヤにとってはマーガレットが母親であるから、カイラにはなつかなず、結局はマーガレットを頼ることになり、二人も和解するという話し。

 

裁判官は、カイラは育てられるという判断だったのだが、現実は甘いと知り、マーガレットに連絡をとるところが、身勝手すぎに感じた。一方、マーガレット側が、イザヤがアフリカ系ならではの教育を受けさせていないことも、法廷で判明するのだが、勉強不足過ぎる。どっちもどっちだが、イザヤが健やかに育つためには、二人の母がいても良いのだと思う。

 

旧約聖書では、イザヤ(Isaiah)とは「その名は「霊妙」と唱えられる」。そしてイザヤ書11章6節の通り、「幼子が彼らを導くだろう」。まさにそんな結末だった。

 

文学的であり、心に響く一本だった。

 

旧約聖書(机上版)〈3〉預言書―イザヤ書・エレミヤ書・エゼキエル書・十二小預言書

Denise Lewis Patrick Red Dancing Shoes

Faith Ringgold If A Bus Could Talk: The Story of Rosa Parks (Reading Rainbow Book)

ジュニア・ブラウンの惑星 (世界の青春ノベルズ)

ヴァジニア・ハミルトン作品一覧

Verginia Hainlton

 

 

RealKei JP

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。