スポンサーリンク

 

久しぶりの映画鑑賞!

ハル・ベリー主演『Their Eyes Were Watching God』(Raymond T. Williams)

via Raymond T. Williams さん

 

ゾラ・ニール・ハーストンの『彼らの目は神を見ていた』が原作の『Their Eyes Were Watching God』を見た。

 

日本語版でレンタルなどができるか不明だが、過去には映画専門TVで放送はあったようだ。2005年のTV映画である。内容は、原作者の世界観を知っていると理解できる恋愛ストーリー。 

 

昔に原作を読んだ私は、あら、こんなシーンあったかしらという場面が多かったのだが、1937年に書かれた原作でゾラが意図していたことは描かれていたのは確かだと思う。主人公のジェイニーをハル・ベリーが演じたのは大正解。

 

ゾラ・ニール・ハーストンは、1890年生まれの、小説家、作家、民俗学者であり人類学者。女と男、黒人と白人、そしてフォークロア。

 

評価が高い時期もあったが、「世の中」に媚びない女は人気は出ずに、亡くなってから十数年経ってから、同じく作家のアリス・ウォーカーにお墓を発見された後、復刊が始まる。

 

「世の中」とは、「男性社会」と「白人社会」ということだ。それらを迎合していれば、お得なこともあったのかもしれないけど、それは彼女のスタイルと社会的使命感が許すことではなかったことだろう。

 

死ぬ時は皆一人なのだから、たとえ彼女が無名のお墓に埋葬されたのだとしても、死んだら終わりということもなく、学者で作家であるトニ・モリスンや、アリス・ウォーカーの作品には、ゾラの魂が息づく。

 

今も変わらない「世の中」に媚びない人達が尊敬してやまないのがゾラ・ニール・ハーストンだ。

 

以上は私の見解。

 

『彼らの目は神を見ていた』のジェイニーは結婚しても恋愛をしても相手に属さず、自由でいる。私の大好きな女性だ。

 

YouTubeで無料で見られますよ(英語)。

 

 

Their Eyes Were Watching God [Full Movie]

 

 

RealKei JP】最終更新 08/23/2016 16:55

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。