スポンサーリンク

 

8月末のワークアウトはヨガに集中している。

 

その一環でピラティスにも挑戦した。

 

Flickr : Marlo Fisken

Flickr : Marlo Fisken ピラティスのイメージ写真

 

私が行ったピラティスは、ホットスタジオで行う、スポーツ科学に基づいたその教室独自のものである。

 

鼻から空気を吸って鼻から出すヨガに対し、ピラティスは鼻から吸って口から吐く。これは大きな違いだった。

 

また、過去、私がやった多くのヨガよりも(ヨガも色んな種類がありますので)、体の中心に集中するという時間が長い。

 

初めてやった感想と結果。

◯キツい!

◯ホットヨガより水分補給が倍必要。

◯頭がぼーっとする。

 

キツいのは当然である。なぜなら、初めての動きが多いし、一つ一つのポーズには強固な腹筋が必要だ(と思った)。

 

ハードな動きな上、水分補給も増える。

 

頭がぼーっとするのは、体内の酸素が集中している場所に流れるので、初めてピラティスを行うと、このような状態になる人が結構いるそうだ。

 

貧血のちょっと手前の気分になり、レッスン中も何度も外に出てしまったし、終了後、少し休ませてもらうくらいになった。

 

また、筋肉痛のところで、このピラティスを行ったので、次の日、動くのが億劫になるくらい筋肉痛がひどくなった。

 

でも筋肉痛って気持ちが良いのだ。生きていることを実感できる。

 

初めての体験での体の反応で、いささか驚くこともあったけど、ヨガと平行して今後もピラティスを続けたい。

 

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。