スポンサーリンク

 

ミス・ユニバース・ジャパンのナショナル・ディレクターを務めていた、イネス・リグロン氏は、ファイナリスト達に、自分が目標とする女優や有名人をお手本にするよう指導していたそうだ。

 

この方法は賛成。リグロン氏も言っているけど「統一感あるスタイル作り」ができるし、無駄な買い物をしなくてすむ。

 

私にも、人並みにファッションのアイコンはいる。

 

まずオードリー・ヘプバーンである。品が良く、小粋なファッションと言ったらこの方の右に出る人はいないと思う。子供の頃から映画は随分見たけど、どの作品もお洒落で品がある。気品ある輝きは彼女の生き方そのものだ。

 

Audrey Hepburn (How to Steal a Million)

Flickr : fred baby さん

 

次に、このブログではおなじみのジェニファー・ロペス。ほとんどの舞台衣装は現実離れしているのでおいておくけど、彼女が出演するミュージック・ヴィデオ、映画、インターネットや雑誌でみかける普段のファッションは、私のおしゃれのセンスにもルールにもぴったりはまっていて、つい気にして見てしまう。

 

地味色の使い方は天下一品。それから何てことのない洋服も彼女が着ると生き方をきちんとしないとと戒めになることは、日本でもアメリカでもメジャーにはなっていない『ボーダータウン 報道されない殺人者 Bordertown 』見ると一目瞭然(良い映画なので、社会派の方にはおススメします)。

 

ジェニファーは大きなお尻の持ち主であることが有名だけど、そういう人には参考になると思う。隠すのではなく、お尻が大きいことは素晴らしいこととして良さを活かすのですよ。

 

J.LoFlickr : charming_lady さん

 

大まかにはこの二人が参考になる人達だ。

 

その他、映画『昼顔』での白い下着姿のカトリーヌ・ドヌーヴもよい。品の良い昼間の娼婦は、何てことのない白い大きなショーツとブラジャーとガーターベルトを身につける。

 

ドラマ『V.I.P.』で、お色気満点のパメラ・アンダーソンは、白いTシャツを着ていることが多かったと記憶しているが、カッコよかった。

 

映像を通して知る、女優のファッションはワクワクできるしイメージもわくしで、楽しいですね。

 

「ローマの休日」予告編

 

Sabrina {la vie en rose} 麗しのサブリナ

 

 Shall We Dance? Movie Clip 

 

エル・カンタンテ 予告編 el cantante

 

    

 

 

最終更新 07/09/2015 00:00

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。