スポンサーリンク

 

出版社時代に知り合った書店勤めの人で、今でも親しくしている人達がいる。そのうちの一人の女性の、仕事中のファッションが好きだ。顔もとても可愛いく、第一印象は「爽やか」。知り合って約十年、印象は全く変わらない。トレードマークは、白いシャツにパールのピアス。凛とした彼女によく似合っている。

 

スティーヴ・ジョブズは、黒のタートルとデニムを制服のように着ていた。あの何でもなさそうなタートルは三宅一生特注、デニムはリーヴァイスだったそうだ。そして靴ははニューバランスで、彼のスタイルを通していたけど、研ぎ澄まされた感性を持つ人達は、華美にする必要はないのである。

 

私の服装はと言えば、仕事の時は黒白紺灰色がベースで、休みの日は小物が光ったり、カラフルになる。過去には好きなブランドがあったけど、リーマンショック直後くらいに商社が取扱いをやめてしまい、それを機に洋服にさほどの興味がなくなってしまった。また、その年から西欧を訪れるようになり、初めて行ったドイツの人達のファッションを見て、何てことのない洋服を着るのがかっこよく、尚かつ、日本は消費を促す大国に影響されていると思った。

 

勿論お洒落は好きだし、何かを買う時は、自分がロールモデルにしている有名人をイメージするけど、旅に持っていけるだけの最小限の物を持つように決めたから、機能と軽さを重視するようになる。よって流行と遠ざかってしまった。流行に遠ざかるとは世間とも一歩離れるということだ。

 

ところが、この度、スティーヴ・ジョブズのファッションを改めて調べて知ったのだが、今は「Normcore(ノームコア)」というノーマルかつハードコアな、普通の洋服を着るのがトレンドらしい。こうなってしまうと流行とは何かと言うことだ。普通なのに印象を残すことが時代なのかもしれない。

 

 Flickr : m_bui さん

 

 

最終更新 06/27/2015 04:40

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。