スポンサーリンク

 

フランソワ・オゾン監督の『ぼくを葬る』は、静かで哀しい映画だった。仏原題は『Le Temps qui reste』、英タイトルは『Time to Leave』、邦題の「葬る」は「おくる」と読む。2005年の作品。

via TEMATICA 41 さん via Flickr

 

舞台はパリ。ファッション写真家として活躍する主人公のロマンは、ある日、癌により余命三ヶ月と医者から宣告される。その事実を受け入れられず、治療を拒否し、コカインを吸い続け、同棲中の恋人とは別れ、家族には八つ当たりし、自暴自棄になるが、唯一、父方の祖母だけには、自分の死が近いことを話した。その後、彼は、残された時間で、何ができるかを考えていく。元恋人の将来を考え、長い間わだかまりのあった実姉との関係の修復、子どものいない夫婦へ精子の提供。妊娠が確認できたところで、海辺にて最期を迎える。

 

Le Temps Qui Reste / Time to Leave (2005) – Movie Trailer

 

祖母から孫への「今夜、あなたと死にたい」という一言は、ロマンに深い愛情と絆を感じさせ、気持ちを楽にさせただろう。祖母役のジャンヌ・モローは圧巻であった。

via chim cheree さん via Flickr

 

身近な人達への優しさが深くなっていくこと、子孫を残したいという気持ちの芽生え、前向きさが、命の限りがあるからこそ、哀しい。ロマン役のメルヴィル・プポーが美しすぎで、余計に切なかった。

 

良い作品だった。

 

 

映画に楽しさを求めない人におすすめである。

 

 

最終更新 07/20/2015 11:13

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。