スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

私がブログに初めて挑戦したのは震災前だったか後だったかよく覚えていないのですが、出版社に在職中だったことは確かで、でもそれはそんなに続きませんでした。

 

このブログ自体は2013年9月の半ばから、体調不良の期間を除いて、だいたい毎日投稿しています。「ただ更新しているだけ」のポストもたくさんあるし、そういったものは随分公開から外したけど、それでも続いている。

 

現職でも元でも、出版社の人間がブログをやるということは、結構勇気のいることです。なぜなら、本というものは、文才がある人、面白さを表現することに秀でている人、成功した人が文章を書き、何人かの人間が関わって世に出るものということを、どんな職種の人間もわかっているからです。

 

黒子である裏方が前にでるなんてとんでもないという部分と、誰かが調理していない校正もされていない文章が世に出るなんて恥である、両方があると思います。

 

それでも色々経緯があってブロガーになりました。自分が書き手で発行者。

 

そしてブログを始めたことで、人生には良いことばかりが起きました。

 

ちなみに、私は「発行」というものをよくわかっているので、自分の中では、アメブロに代表される世間で人気の無料のブログはSNSと同等であるのでメインブログには使用はしません。

 

理解するまでにまだだいぶ時間はかかりそうですが、Wordpress.orgを使用してのCMSの勉強ができること。またコンピュータやインターネットそのものを理解したくなるとか。すなわち軍事や戦争に興味がでるとか。またGoogleのサーヴィスを知る、などなど、世間のプロブロガーと言われる月に何百万も稼ぐ人間ではないけど、ブログを始めたことで、多くの学びが得られました。

 

学びを通し、技能と少しだけの技術を習得し、「人からの頼まれごと」が増えるようになります。

 

出版社にいる時は新しもの好きでもあったけど、それでも、斜陽産業の代表格である紙の出版業界の人間ですから、思考は時代遅れのアナログです。そんな私でも「続ける」ということで新しい世界を知りました。

 

生きていて瞬間で価値観が変わるという出来事が誰しもあるはずです。ブログは一瞬ではないですが、中期、長期的にみると、人生は大幅に変わると思います。最初はできなかったことが「継続」によって良いことばかりを起こします。

 

検索エンジンを使って、プロブロガー達の活躍ぶりも是非調べてみてください。

 

そんなこんなで今年から、著者を立てた上での紙と電子書籍の出版をスタートさせます。笑。ブログを始めて得られた少々の技能と技術によって、ネットが繋がる場所ならどこででも経済活動ができるようになったからこそ、本なんですよ。

 

追記

本は、私が応援したい、とある方の著作となります。混乱させてすみません。

 
 

最終更新 03/31/2017 18:00

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / ノマドワーカー / 女性 / UC(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com