スポンサーリンク

 

涼しくなったので、ボディブラッシングができる季節となった。

 

ボディブラッシングは、過去にも取り上げたことがあるのだが、血行促進、皮膚を磨くため、乾いた体に行う。汗をかいた状態ではできないので、時や、季節的な条件が必要。ボディブラシを用意できなければ、乾布摩擦もいいと思っている。

 

万人に合うとは全く思わないけど、皮膚が弱く、疲れるとアトピーが出る(会社員をやめてからはすっかり起きなくなったが)私もできるくらい。涼しくなったこともあるけど、少し前から食べ過ぎで体重が増えてから、ゴシゴシと体をこすっている。全然変わらないが…。でも、肩こりにも少しいいかもしれない。血が通う。そして、肌は見違える。体が濡れた状態で、スクラブするのと肌質感がまたちょっと違うのも特徴。

 

ボディブラッシングをやるのはだいたい5分。心臓から遠い場所から、心臓に向かってこする。普通に体を洗うのと同じ要領である。続けてやっていると、シャワーや入浴後の保湿が必要なくなるから不思議。ただし、首の保湿は行う。首、重要。

 

今は華美で派手過ぎになってしまった美の伝道師達も、TVへの露出がない頃までは、エステに往復時間と施術時間を費やすのもよいけど、自宅でのセルフエステが何よりも大切だと著書で言っていた。ボディブラッシングも、その一つで、食べ過ぎた時は特に念入りにやるとのこと。

 

ブラシは、日本のメーカーでは、亀の子束子が良さげです。

 

Woman back

Flickr : Leo1love さん

 

 

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職・時々外出(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / バターの1日の消費量は100g / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (05/27/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。