スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

ミニマリストになるための究極の方法 からの続きです。

 

ミニマリストとは、最小限主義者のことで、人それぞれに合った最小限の物を持つ…、が前提になっています。

 

同時に、時間を大切にするということも見逃せないポイントです。なぜなら「所有」するには余計な時間も発生するからです。

 

ただし余計とは悪い側面を持つだけではありません。文化とも言うし、贅沢と言うこともあります。

 

そして、物たちの大半は働きに行くために必要であるし、消費は働きに行くからこそ生まれます。

 

例えば、私の会社員時代のある時までの生活で言うと、

 

・身支度 → ヘアメイク用品・四季に合わせた洋服・靴・バッグ
 
・毎日のバッグに入れる防災グッズ → 下着、靴下、エマージェンシーブランケット、ビニール大、笛、何かしらの防災食
 
・昼食の手作り弁当 → 弁当用の良い食材
 
・営業中の休憩 → コーヒー屋、うどんか蕎麦屋、スープ屋
 
・営業中のおやつ → 水、お茶、ドライフルーツ、ナッツ、グミ、チョコレート、黒糖、チーズ
 
・仕事関係の付き合い(勤め先もち) → お茶、食事、アルコール
 
・仕事関係の付き合い二次会以降(自費) → お茶、アルコール
 
・仕事で遅くなった時の交通費 → タクシー(勤め先もちか自費かはケースバイケース)
 
・疲労回復 → マッサージ、スポーツクラブ
 
・美容 → 美容院、エステ
 
・日用品 → マスク、女性のアレの活動的になれるもの
 
・スーツと靴とバッグのクリーニングやメンテナンス
 

 

会社に働きに行く、及び、それに付随することで、このような消費をしていました。

 

現在の私は、ブロガー、IT仕事の請負人、兼、ひよっこ会社経営者で、基本在宅ワーク、時々普段着でノマドワーカー、時々人に会うためにスーツやジャケットを着用して外出。顔のケアから洋服に至るまで、最小限のもので身繕いできる知恵と技術も持ちましたので、たくさんの物がいりません。

 

同時に、全てが「個人の仕事や会社」のために必要なグッズです。

 

また、体の都合で外食をしない、スタイルとしてお酒・砂糖・米を体内に入れない、疲労するようなことをしない。よって、消えてなくなるものに対して、お金を使うこともなければ、時間も使いません。

 

人並みに、生きていく上での困難もたくさんありますが、会社員時代よりもはるかに身軽なミニマリストになりました。

 

ミニマリストになるための究極の方法 についての投稿はしばらく続きます。

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com