スポンサーリンク

一週間の食事の記録です。

 

と書きたいところですが、本当に多忙で、テーブルに座って食事をしたのは以下の写真撮影をした時だけです。

 

あとは、台所で、小松菜をチンした即席おひたし(茹でるより早い)、海苔、バター、バケット、カカオ100%チョコレート、セロリ+麦味噌(セロリは調理をせずに茎と葉を生で食べられる点が好ましいし、なぜだかわかりませんが幼少の頃より野菜の中で一番の好物なのであります)、そして身体によろしくなく社会と経済には良品の卵、をささっと食べました。

 

昔に読んだ向田邦子さんのエッセイで、一人でいるとフライパン(鍋だったかもしれない)から直接調理したものを食べてしまうほどになる、とお行儀にふれることを書かかれていました。

 

私は、そこまでのことはしないけど、一日の食事5-6回全てを、台所で立ったままというのはむなしい。

 

お肉は焼くのに時間がかかるので食べませんでした。

 

卵は身体によくない症状が出始めてからはやめています。

 

12172018 Mon

 

ささっと食事

 

12182018 Tue

 

ささっと食事

 

12192018 Wed

 

ささっと食事

 

12202018 Thu

 

パスタ

小松菜、シソ、海塩、パスタ、ひまわり油、オリーヴ油、バター

 

 

12212018 Fri

 

ささっと食事

 

12222018 Sat

 

パスタ

小松菜、セロリ、海塩、パスタ、ひまわり油、オリーヴ油、バター

 

 

 

12232018 Sun

 

パスタ

小松菜、海塩、パスタ、ひまわり油、オリーヴ油、バター

 

 

 

そんなこんなで体調も崩しました。

 

関連記事

食卓に丸い食材が加わる(一時的) 

普段食べつけない物を食べてアトピー勃発

アトピー少し落ち着く

 

食材のルールはきっちりと守らないとなりません。

 

食事のルール

– 小分けにして一日5-6回で食べる

– 食事より、水と海塩と油の摂取が優先

– 口にする食材・食品(・薬)

水4L、天日海塩20-25g、リノール酸油100g、バター100g、オリーヴ油、キャベツやホウレン草や大根葉やからし菜や白菜やネギ以外の青菜、海藻、鳥類肉、魚介類肉、小麦粉でできたパスタ・バケット・素麺・うどん・塩クラッカー、緑茶、ほうじ茶、番茶、珈琲、麦茶、香草茶、、ココアパウダーとカカオ100%チョコレート、医者から処方されている薬

– たまに時々口にする食材・食品

鶏卵、鯨・イルカ肉の赤身生(お一人様用の量の入手が難しいの時々食べる)

– 人生から永久追放、または、(うっかり口にするということを考慮に入れ)ほぼ排除した食材・食品()は代表的な食品

陸生哺乳類肉、魚卵、牛乳、バター以外の乳製品、砂糖、蜂蜜、酒、酢、味醂、スパイス、缶詰製品、ゴマ油、ココナッツ油、芽を出す元となるもの全般:米、ライ麦、蕎麦、全粒粉、ゴマ、芋(ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ)、豆(麦味噌と醤油は除く)、実野菜(キュウリ、ズッキーニ、トマト、ナス、ピーマンなど)、根菜(ダイコン、ニンジン、ニンニク、タマネギ、ゴボウなど)、果物(カボス、レモン、ライム、スダチなどは除く)、木の実(クリ、アーモンド、ピーナッツなど)、タケノコ

 

次週は、ヒトらしい食のルールのもと、人間らしく食事をしたいと思います。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。