スポンサーリンク

一週間の食事の記録です。

 

今回もまた、自分の食事のルールには従っているものの、ささっと食事ばかりで、テーブルに落ち着いて座って食べることが少なかったです。

 

写真も二枚です。

 

ささっと食事は、海苔一枚—>バケットか塩クラッカー+バター、または、即席海苔スープ(熱湯、海苔一枚、麦味噌、リノール酸油をドボドボ大量を混ぜて終わり)—>バケットか塩クラッカー+バターという組み合わせが多かったです。

 

私の食事のルールは以下の通りです。

– – –

– 小分けにして、一日5-6回で食べる(ほとんどおやつ・軽食)

– 食事より、水と海塩と油の摂取が優先

– 人生から永久追放、または、(うっかり口に入ってしまうかもしれないことも考慮に入れ)ほぼ排除した食材・食品

陸生哺乳類肉、自分が受け付ける動物の肉の内蔵(貝の内蔵は除く)、魚卵、牛乳、バター以外の乳製品、砂糖、蜂蜜、酒、酢、味醂、スパイス、缶詰製品、ゴマ油、ココナッツ油、穀類の一部(米、ライ麦、蕎麦、全粒粉)、種(ゴマ)、芋(ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ナガイモなど)、豆(麦味噌と加糖されていない醤油は除く)、糖分が高かったりアクの強い葉野菜(キャベツ、ホウレン草、大根葉、からし菜、白菜、ネギなど)、実野菜(キュウリ、ズッキーニ、トマト、ナス、カボチャ、ピーマンなど)、根菜(ダイコン、ニンジン、ニンニク、タマネギ、ゴボウ、レンコンなど)、果物(カボス、レモン、ライム、スダチなどは除く)、木の実(クリ、アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツなど)、タケノコ、キノコ

– たまに時々口にする食材・食品

鶏卵、鯨・イルカ肉の赤身生(お一人様用の量の入手が難しいので時々食べる)

– 口にする食材・食品(・薬)・嗜好品

水4L、天日海塩20-25g、リノール酸油100g、バター100g、オリーヴ油、キャベツやホウレン草や大根葉やからし菜や白菜やネギ以外の青菜、海藻、鳥類肉、魚介類肉、小麦粉でできたパスタ・バケット・素麺・うどん・塩クラッカー、緑茶、珈琲、ほうじ茶、番茶、珈琲、麦茶、香草茶、主治医から処方されている薬、カカオ100%チョコレートとココアパウダー、サッカリン、煙草(葉巻・パイプ推進者)とやむを得ない場合は無添加シガレット

– – –

 

01212019 Mon

 

ささっと食事

 

 

01222019 Tue

 

ささっと食事

 

 

01232019 Wed

 

パスタ

小松菜、鶏肉、パセリ、天日海塩、ひまわり油、オリーヴ油、パスタ

 

 

 

01242019 Thu

 

スープ

小松菜、鶏肉、海老、天日海塩、ひまわり油、オリーヴ油

(かなりのヒット!美味しかった)

 

 

01252019 Fri

 

ささっと食事

 

 

01262019 Sat

 

ささっと食事

 

 

01272019 Sun 

 

ささっと食事

 

 

商慣習に従った人間の食事とはかけ離れた、ヒトの食事なのでゲテモノ扱いされることが多々ありますが、健康を維持するにはこの方法が良いようです。

 

商売人や権力者が決めた慣習や文化に従うことより、ヒトの食事で、身体が元気なほうがいいですからね。

 

ただし、時々書いているのですが、テーブルについてゆっくり食べるという、人間的な行動はとる必要があるとは思っています。

 

次週はそんな生活ができるよう時間配分したいです(願望)。

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。