スポンサーリンク

何回も読まないと理解しない書物ばかりを「趣味」として乱読しています。

 

ありとあらゆるものを読みますが、「持病が再燃しませんように」「女性が男性社会の使用人にならない世の中になりますように」「自分も含めて人々がメディアと商売人の洗脳から解放されますように」という強い願望があって生きているため、たくさんの本を読み、直接関係ない本たちからヒント得て、それを蓄積したり、生活に取り入れられることは即真似したり始めます。

 

新しい時代のミニマリストになるためにも有用な行動だと思っています。

 

また読みたい、また読まなければならない状況になったら再読しますが、その機会が訪れるまでは、次々と新しい本の世界へ飛び込んでいきます。

 

量を多く読むので図書館も頻繁に利用します。

 

国は図書館という無料の知の楽園を開放しています。

 

本の所有より読書体験することはとても大切なことです。

 

幅広いジャンルの本を読んでいたり、せめて本屋チェックを頻繁に行っていると、話しの引き出しが増えて、初対面の人とでもかなりの確立で話しが盛り上がることができるので(注:本の話しで盛り上がるわけではない)、人見知りな人や、縦社会に恐縮してしまう人や、性的対象の相手にモテたいと考えいている人などは、読書、しかも多読はいいんじゃないかしら。

 

以下は直近の紙の本の初読記録です。

 

1
『ユーラシア帝国の興亡: 世界史四〇〇〇年の震源地』
クリストファー・ベックウィズ 著 斎藤純男 翻訳
筑摩書房 発行
978-4480858085

予備知識が膨大でないと理解が難しい一冊ではあったが、人は「価値ある物や情報の交換」欲が高い生き物であるということはわかった。原書はインディアナ大学中央ユーラシア研究科教授のクリストファー・ベックウィズ氏、翻訳は拓殖大学の言語学の教授の斎藤純男氏。時が経ったらまた読むことになるであろう。一つ気になっている点は「日本は、紀元前第1千年紀のある時期に海を渡って列島を植民地化した移住者たちによって建国された」という記述。Twitterで書いたらフォロワーさんから誤訳ではないかと指摘を受けたのだが、あいにく私は原書を読んでいないのでなんとも言えず。書籍というメディアが言うことは51%信じて49%信じないの法則に従うとする(広告媒体である雑誌は10%信じて90%信じない)。この投稿時点で、斎藤純男氏のホームページ(サイトーのサイト <—オモシロイ)には訂正が出てないので、クリストファー・ベックウィズ氏(Christopher I. Beckwith)の見解はそういうことなのだろう。時が少し経ったらまた読みます。

 

2

『日本人になった祖先たち DNAから解明するその多元的構造』
篠田謙一 著
NHK出版 発行
978-4140910788

分子人類学が専門の篠田謙一氏による2007年発行の一冊。この本あからは特に驚きと発見がなかったのだけど、自分の趣味の範囲で目が離せない著者なので他の著書も読んでみたい。日本人は自分たちのルーツを知りたい人が多いからなのか、アマゾンレビューがとても多い書籍。

 

3

『卑弥呼と女性首長』
清家章 著
学生社 発行
978-4311203503

文学博士で現在岡山大学の考古学研究室教授の清家章氏による一冊。邪馬台国時代の倭国王は男王が原則であったが卑弥呼や台与は中継ぎとして傀儡でもなく本格的な王であったという歴史書。感動したのは、アメリカの人類学者のジョージ・ピーター・マードック氏が世界の民族誌を整理し、男女がかかわる労働の比率を算出した研究を、さらに考古学者の都出比呂志氏が整理しなおしたデータが掲載されていたこと。コピーをとったからここに載せたいくらいなんですが、それは控えるとして、戦争は交易とかかわりをもつことが大前提で、金属工芸は100%男性の仕事、武器の製作、海獣の狩猟、狩猟、楽器の製作、ボートの製作、採鉱・採石、木材の加工、小動物の捕獲、骨・角・貝の加工、材木の切り倒しは90%以上は男性の仕事。一方、女性の90%以上の仕事は穀物製粉、水運び、調理。男女ほぼ均等な仕事と言ったら、装身具の製作、耕作と植付、皮革製品工芸、入れ墨など身体加飾、くらい。年齢層は不明。時がきたらまた読むことになるだろう書籍。
 

読んだ本がたまったらブログにあげます。
 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。