スポンサーリンク

紙の書籍の初読記録です。

 

私の読書方法は猛スピードで読み、次々と新しい本を読むようなスタイルです。

 

読書は趣味であり、私の人生を構成している行動です。

 

ご縁があるタイトルは何度も読み返して理解を深めます。

 

一回読んだだけでは著者の細かいメッセージは伝わりません。

 

最低三回がラインだと思います。

 

 

1

『アタリ文明論講義: 未来は予測できるか』
ジャック・アタリ 著 林昌宏 翻訳
筑摩書房 発行
978-4480097514

ヨーロッパ一の知性と言われるジャック・アタリの弟子になりたいとくらい、私はジャック・アタリの著書のファンである。特に、政治学が専門の翻訳家の林昌宏氏の翻訳コンビが良い。本書は文明の行方を読み解く方法が書かれている。習得するためのポイントとしては、自身のことを、自分の夢ではなく自分が予測する自己の少なくとも1年後の未来を3ページにまとめる。次に、予測対象の未来分析を5つの段落に分ける。順番は、1)懐古予測(予測対象の根源的なアイデンティティの描写や、過去の対応策)、2)生命維持予測、3)環境予測(人物、企業、国、環境)、4)愛着予測(環境予測で重要性を見出した関係者が未来にどのような態度を示すか)、5)投影予測(予測対象の中で起きると思われる未来の出来事の分析。5段階の中で一番容易。私生活よ仕事のスケジュールや人間関係から起きるリストを作り、そのリストにどんな自分になりたいかを加える)。氏曰く、これから10日間に自分に起きることすら筆を進めるのは難しいが、少しずつ増やし、時系列を大切にして、毎朝その日の物語を語る練習を行い、一週間、一か月、一年の物語ると続けよと。(面倒とも言える)アファメーションのようでもあるというのが個人的な感想。しかし、これ長年を積み重ねてきたからこそ、氏はヨーロッパ一の知性となったのだとも思う。氏の言及には、「時間の捉え方、所有、定住民、ノマディズム、就労、性、愛、家族、自由、社会主義、リベラリズム、資本主義、ユダヤ主義、死との関係、イデオロギー、近代性、芸術、ヨーロッパ、世界政府」(本書より抜粋)への言及が多く、2008年日本語版発行の『21世紀の歴史――未来の人類から見た世界』を読んでから、この方が言うことが世界中で起き続けており、自分の中では信用に値するのだ。

 

2

『動物地理の自然史―分布と多様性の進化学』
浅川満彦 著 阿部永 著 編集 石黒直隆 著 太田英利 著 大館智氏 著 押田龍夫 著 鈴木仁 著 高橋理 著 永田純子 著 前田喜四雄 著 増田隆一 著 編集 松井正文 著 松村澄子 著 馬合木提 著 哈力克 著 渡部琢磨 著
北海道大学出版会 発行
978-4832981010

動物学者の増田隆一氏、哺乳類学者の阿部永氏の編著による一冊。北海道産トガリネズミ、ニホンジカ、ヒグマ、両生類、琉球・周辺離島の爬虫類、アジアのネズミ、齧歯類と線虫、ニホンイノシシ、モグラ、アカシカ、滑空性リス、コウモリ、の専門家による寄稿は、きっと専門分野や動物自体が好きな人にとってはたまらないものだろう。私には短時間で読むにはなんともレヴェルが高い図書であった。

 

3

『儀礼と権力』 (弥生時代の考古学)
設楽博己 編集 松木武彦 編集 藤尾慎一郎 編集
同成社 発行
978-4886214355

考古学者の設楽博己氏、松木武彦氏、藤尾慎一郎氏編集の弥生時代の考古学の図書。2003年に灌漑式水田稲作は前10世紀に始まっていたとされることがわかり、本書は1000年以上続いた弥生時代における固有の儀礼を、くらしの中の儀礼、儀礼と政治・権力構造、変容する儀礼、と三種に分けてまとめた一冊である。私にはこれまた短期間で読むにはレヴェルが高い図書。いつかまた読むことになりそうだが、今回は、石村智氏がお書きになった「威信財交換と儀礼」が心に残った(メモ)。

 

 

読んだ本がたまったらまたブログにアップします。

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。