スポンサーリンク

数年前から、肌断食ということで、お風呂やシャワーの後、首、二の腕、お尻、足の甲以外には何も塗らないスキンケアを行っています。

 

顔には何も塗りません。

 

肌断食も通り越し、すっかり素肌と生活スタイルになじみました。

 

元々ファンデーションを使う習慣はありませんでしたが、かつては、多くの女性と同様、基礎化粧品と言われるものを顔に塗りたくっていましたした。

 

でも、長年の研究の結果、美肌は、遺伝(専門家ではないので実際のところはわかりません)、食事、睡眠で決まると考えるようになり、スキンケア製品を購入することは経済貢献をするだけの行為ということがわかってきます。

 

そのスキンケア製品がオーガニックメーカーであろうとです。

 

自分の生活スタイルを変えない限り、永遠にメーカーの使用人になるしかないのです。

 

極力、メーカーの使用人になりたくない私が使うモノはとても少ないです。

 

お風呂前に使う製品は、メイク落としに食用オリーヴオイルや食用ココナッツオイル、顔と体の洗浄に牛乳石鹸。

 

お風呂あがりに、首と二の腕とお尻と足の甲にワセリン。

 

(現在は)不定期で行う、スクラブには海塩、マッサージにはニベアクリーム。

 

うぶ毛のオフにはワックスシート。

 

以上になります。

 

顔にも体にも日焼け止めは使いません。

 

肌断食開始してから、ズバズバはっきりと、デリカシーの欠片もない、傷つくことを言う肉親の女性陣に、「肌がキレイになったが何を使っているの?」と訊かれたらしめたものです。

 

肌断食は、少ないモノで過ごせるので、ミニマリストらしい選択だったとも思っています。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。