スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

外国のアーティストの原盤を持って配信させていることもあり、時々ですが、周りの、自分より若いミュージシャン達から、海外に移住するには?とか、海外で活動には?だとか、と聞かれることがあります。

 

自分はミュージシャンではないし、海外で働いた経験がないので、答え方が難しい、

 

でも、言えることは、移住にせよ、海外で「お金を稼いで」活動するせよ、ビザが関係するということ。まずは、行きたい国のビザについて調べるだけだと思います。

 

加えて、観光ビザを使って海外で「お金を稼がず」活動することに関しては、ちょっとしたヒントになるだろうということは伝えています。

 

それは、以下の7点です。

 

 

01. ITを駆使する

「PCが使えるようになる」「インターネットと検索に強くなる」「ネットで稼げるようになる」「Googleのサーヴィスを徹底的に学ぶ」「ホームページやブログは世界共通言語で」「国際派を謳っているのに母艦のサイトがアメブロ、ありえない」

 

02. 自分の曲を配信させる

「音質がネックという理由で配信を拒否するのは、インターネット音痴のコンプレックスの表れ」「知らない間に世界のどこかで自分の曲がダウンロードされている」「ストリーミングはマーケティングに使える」

 

03. 外務省や行きたい国の大使館のホームページはマメにチェックし、行きたい国の観光ビザの期間を調べる

 

04. ミュージシャン以外の職業の人の渡航体験の話しを聞く

 

05. 現地のライヴハウスやクラブに行って、同業者と知り合う

 

06. 税金を学ぶ

 

07. 海外送金やクレジットカードやデビットカードについて知る

 

 

ご自分でも検索して色々調べてみてください。

 

 

 

最終更新 04/01/2017 10:50

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com