スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

外国のミュージシャンチェックを行い、一曲選び、専用ブログサイトに動画を載せることは私の日課の一つです。

 

大資本の元で売り出されないインディの人ばかりを追います。

 

同時に、彼女彼らの公式サイトもチェックします。自分も音楽配信をやってますし、それを離れても参考になる。

 

毎日やっていると、日本のインディミュージシャンのサイトと外国のものでは違いがあることもわかります。

 

いくつか特徴をあげてみましょう。

 

日本

・経歴ページがある

・英語ページがない

・すぐに実売に繋がるツールが用意されていない

・アメブロなどの借りものサーヴィスが公式サイトになっている場合がよくある

・公式サイトで紹介される公式SNSはTwitterとFacebookとYouTube

・生まれ育った土地への愛を感じさせるフレイズをあまり見かけない

 

外国

・経歴ページがない場合がある

・すぐに実売に繋がるツールが用意されている

・公式サイトで紹介される公式SNSはTwitterとSoudCloudとYouTubeとInstagramとプラスα

・生まれ育った土地への愛を感じさせるフレイズがどこかにある

 

など。日本ではトーキョーで成功することが良いことのようにされているのでそれは文化の違いとして受け止められるけど、経歴ページ以外は、外国のサイトの方が優れていることの方が多いです。

 

これから自分のホームページを作ろうとしている方は、ミュージシャンという職業でなくても、外国のメジャーからインディの大中小クラスのミュージシャンかDJ10名くらいのサイトをチェックすると、学べることがあり、良いアイデアも浮かぶと思います。

 

 

最終更新 04/14/2017 08:30

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com