スポンサーリンク

 

ミーナ・ホランド著、清水由貴訳『食べる世界地図』(原題:The Edible Atlas – Around the World in Thirty-Nine Cuisines)は、ロンドンっ子、現在「オブザーヴァー・フード・マンスリー」紙の外部編集者を務める著者が、39の国と地域の料理と、その歴史的背景、レシピが綴られた内容だ。

 

『食べる世界地図』

 

あくまで著者の味覚というフィルターを通しての一冊だが、幅広く世界を覗くことができる。

 

写真はない。その分、創造力をかき立てられる。土地の情景、人々の顔、食材の香り、料理の匂いなど。

 

掲載地域は以下の通りだ。目次より。土地名表記は本書のまま。

 

ヨーロッパ

フランス

ノルマンディ/ロワール渓谷

ローヌ・アルプ/プロヴァンス

スペイン

カルターニャ/スペイン北部

スペイン中央部/アンダルシア

ポルトガル

イタリア

ラツィオ/エミリア=ロマーニャ

カラブリア/シチリア/ヴェネト

東ヨーロッパ

ドイツ

スカンジナビア

 

中東

トルコ

レバント地方

イスラエル

イラン

 

アジア

インド

タイ

ベトナム

中国

広東/四川

朝鮮

日本

 

アフリカ

エチオピア

西アフリカ

モロッコ

 

南北アメリカ

カリフォルニア

ルイジアナ

メキシコ

カリブ諸島(ジャマイカ)

ペルー

ブラジル

アルゼンチン

 

以上だ。

 

掲載のある土地に旅する時は、ガイドブックの副読本に良いと思う。

 

旅に行かない人も、旅気分が味わえることだろう。

 

食べる世界地図』

ミーナ・ホランド 著 清水由貴子 訳

エクスナレッジ 発行

978-4767819587

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。