スポンサーリンク

 

ミーナ・ホランド著、清水由貴訳『食べる世界地図』(原題:The Edible Atlas – Around the World in Thirty-Nine Cuisines)は、ロンドンっ子、現在「オブザーヴァー・フード・マンスリー」紙の外部編集者を務める著者が、39の国と地域の料理と、その歴史的背景、レシピが綴られた内容だ。

 

『食べる世界地図』

 

あくまで著者の味覚というフィルターを通しての一冊だが、幅広く世界を覗くことができる。

 

写真はない。その分、創造力をかき立てられる。土地の情景、人々の顔、食材の香り、料理の匂いなど。

 

掲載地域は以下の通りだ。目次より。土地名表記は本書のまま。

 

ヨーロッパ

フランス

ノルマンディ/ロワール渓谷

ローヌ・アルプ/プロヴァンス

スペイン

カルターニャ/スペイン北部

スペイン中央部/アンダルシア

ポルトガル

イタリア

ラツィオ/エミリア=ロマーニャ

カラブリア/シチリア/ヴェネト

東ヨーロッパ

ドイツ

スカンジナビア

 

中東

トルコ

レバント地方

イスラエル

イラン

 

アジア

インド

タイ

ベトナム

中国

広東/四川

朝鮮

日本

 

アフリカ

エチオピア

西アフリカ

モロッコ

 

南北アメリカ

カリフォルニア

ルイジアナ

メキシコ

カリブ諸島(ジャマイカ)

ペルー

ブラジル

アルゼンチン

 

以上だ。

 

掲載のある土地に旅する時は、ガイドブックの副読本に良いと思う。

 

旅に行かない人も、旅気分が味わえることだろう。

 

食べる世界地図』

ミーナ・ホランド 著 清水由貴子 訳

エクスナレッジ 発行

978-4767819587

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L以上、海塩25g以上、バター100g、リノール酸油100cc、青菜400g以上摂取し、六千歩以上のウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持の毎日の目標 / 陸の哺乳類肉と米と芋と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (08/25/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。