スポンサーリンク

 

ルイジ・コルナロの『無病法』(PHP研究所 刊)を Kindleで読んだ。翻訳は食養研究家の中倉玄喜さん。

 

 

15世紀の半ばから16世紀半ばのヴェネツィア共和国で、重い生活習慣病を40代の頃から最小限の食事(1日12オンス(350g))に切り替え、体が丈夫になっていったという、貴族ルイジ・コルナロの講話。午睡と変わらないようすで102歳で亡くなったという人だ。

 

一日の食事は、パンと卵の黄身、少しの肉、スープを350g、ワインを14オンス(約400g)を2食に分けて食していたそう。

 

私も年々、一度の食事で大量には食べられなくなってはいるのだが、350gは少ない。

 

一日に摂るべきタンパク質が70gとする。鶏肉手羽を例にとったとして、100gでだいたい23gのタンパク質(文部科学省 食品成分データベース より)が含まれる。それの約3倍がタンパク質70g、お肉の量は300g。ルイジ・コルナロが言う350gがリミットとしたら、残りの50gで野菜を食べるという計算。

 

きっとどこかの研究者が公開したしっかりとしたデータは存在するのかもしれないけど、少食派が元気で長生きできるのかはよくわからない。

 

なぜかと言うと、大勢の親族親類の高齢者や亡くなってしまった人間、世の中の人たちの生活習慣をを考えると、男性の場合は、少食派、もしくは、小分けに食事をしている人たちの方が、大食漢やグルメな人たちより元気で長生きして活躍できている。他人を例に取ると、少食を公言していた、昨年亡くなった日野原重明医師や、現 天皇陛下など。

 

しかし、大勢の親族親類の高齢者や亡くなってしまった人間、世の中の人たちの生活習慣をを考えると、女性は肉魚を中心にたくさん食べている人が元気。他人を例に取ると、お肉が大好きな、きんさんぎんさんのどちらかのお嬢さんたち(お嬢さんといっても超高齢者)、瀬戸内寂聴氏など。

 

素人にはよくわからない世界だ。

 


 

よろしければ、こちらもチェック!新刊情報バックナンバー

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L以上、海塩25g以上、バター100g、リノール酸油100cc、青菜400g以上摂取し、六千歩以上のウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持の毎日の目標 / 陸の哺乳類肉と米と芋と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (08/25/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。