スポンサーリンク

 

7月下旬から、健康のために「世にも美しいダイエット」(M式食事法)という、20年前、痩せたい人、膠原病の人、糖尿病の人の間でブームになった食事法を、再び行っている。

 

少々キビシいしルールがあるし、工夫をしないと交友関係が狭まりそうな食事法だが、体は大切だ。

 

自分は、UCもちだから、まずそれを考えなければならない。また、自分自身の家族がいない分シャンとしておく必要がある。

 

食事法を再開して二週間以上がたち、あることに気がついた。

 

背中のシミが減って、薄くなったこと。

 

私は、かつて日焼け女だった。夏は海とプールに日焼けにだけ出かけ、冬は日焼けサロンへ。

 

南の島も大好きだった。

 

ところが、30歳の時に、日焼けで大やけどをし、一気に肌が変わった。

 

背中のあいた洋服は、日本では一切着られない状況となった。

 

二度と無駄な陽には浴びないと一時は決めるのだが、懲りずにサーフィンを始めてしまう(現在は休憩中)。

 

関連記事

小麦色の肌の猛省

 

そこからは現状維持で、人工的処置もせず普通に生活していた。

 

背中は毎日チェックする。仕方がないと毎日言い聞かせていた。

 

ところが、世にも美しいダイエットを再開したちょうど二週間たった日、あきらかに「肌が違う」と感じた。私の背中を知る何人かの人も、薄くなったと驚いている。

 

20年前に、この食事法を実践していた作家の故宮本美智子さんの著作にも、「この食事法は肌ツヤがよくなる」と書かれていたし、実践者の皆さんもそういう感想を述べていた。

 

当時二十代前半だった私は、若過ぎてこの食事法によって「肌ツヤがよくなる」ということはよくわからなかった。若過ぎて実感できなかったのだ。

 

でも、びっくりするくらい肌がブライトになった。

 

シミの他にも驚いたことがあった。これは、昔もやっていて感じたことだったのだが。

 

私は、二の腕が毛孔性苔癬である。最近まで「鮫肌」だと思っていたのだが、医者に行ったら、毛孔性苔癬と言われた。

 

割とよく見かける肌の症状だ。

 

その毛孔性苔癬が、世にも美しいダイエットを始めてから二週間経ち、ツルツルになりつつある。

 

子どもの頃に診てもらった皮膚科医からは、鮫肌とも毛孔性苔癬とも診断されず、ホルモンバランスの問題で、成長すれば治ると言われただけだ。ヤツメウナギを食べなさいと言われた記憶もある。でも当時この生き物は入手困難でスルーした。

 

成長とともに、頬とふくらはぎは自然と消えたが、二の腕は残ったまま。

 

この症状は遺伝とも言われるし(父がそのようなけがある)、アトピーと同時に発症もするらしい。

 

私は、昔、軽いアトピーだった。今は起きなくなったが、大人になってからは疲れると部分的に出ていた。

 

かかりつけの鍼灸師によると、アトピーとUCは血の巡りが似た傾向にあるそうだから、それを考えると、アトピー、毛孔性苔癬、UCの関係も興味深い。

 

最も私は医師でも、鍼灸師でもないのだが。

 

20年前にこの食事法をやった時も、当時思っていた鮫肌(実際は毛孔性苔癬)が消えると体感していたが、すっかり忘れていた。

 

肌の症状は、最後に出ると聞いたことがあるので、シミや毛孔性苔癬が薄くなるのは、体の変化の最初の一歩なのかもしれない。

 

おもしろくなってきた。

 

 

関連記事

タグ 世にも美しいダイエット

 

 

RealKei JP】最終更新 08/12/2015 16:21

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com