スポンサーリンク

自分が中年期に入ってよかったことがあります。

 

それは、昔から知る同世代の人達の体が年齢相応になってきて、通院したり、薬を飲み始めて、あちこちのコミュニティで病院情報の交換ができるようになったこと。

 

口々に「薬の話しばかり」「自分もおばさんになった」「オレもおじさんになった」と口にするのだけど、私は十代半ばから面倒な疾患にかかっており、もっと若いうちに同世代の人達と薬や病院の話しがしたかったから、周りが追い付いてきてくれて大変うれしく思っています。

 

苦痛や思い悩むことも十代二十代のうちに体験してしまっているので、この年で既にどんと構えられているのはラッキーなこと。

 

慢性疾患の場合、二十年くらい経てば、アイデンティティとなりライフスタイルにそれが組み込まれるので、酷い状態にならないようにお互い気をつけようねと話しています。

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。